75号 « 雑誌『Numero TOKYO』| Numero TOKYO
Magazines

magazine : issue

75

Art-Life

75号表紙

No.75 2014.2.27発売

定価700円

最新号の購入はこちら

送料無料
  • Amazonで購入

special feature

特集 ファッションからライフスタイルまで 日常をアート気分で楽しもう

アートな服をデイリーに

今季ランウェイを賑わせたのは、ヴィヴィットなカラーやダイナミックなモチーフのアートピースのような存在感のあるスタイル。そんなパンチの効いたアイテムを、デイリーに派手シックに着こなす技、教えます。

*田中杏子のリアルモード特別編
*アートな感覚を楽しむスタイリング講座

アートだらけの楽しい生活

アートなんて無縁…と思っていても、実は日常にはアートがあふれている。有名アーティストが手がけた誰もが知っているアイテムや、インテリアになるデザインの日用品…。見ているだけでワクワクするようなお気に入りの品だって立派なアート。もっと気軽に楽しく、アートなセンスを取り入れた暮らしを!

*チュッパチャップスはダリのデザインって知ってた? 身の回りにあるアートを探せ!
*横尾忠則の皿、草間弥生のティーセット、岡本太郎の椅子 etc.…アーティストが手がけた使えるアート
*マリエ、今宿麻美、中野裕太、小橋賢児 etc.… あなたの“アート”見せて下さい!
*ラーメンズ片桐仁×アーティスト加賀美健対談 日常にあるアートとは?
特集 ファッションからライフスタイルまで 日常をアート気分で楽しもう

アートでパワフルなコレクションアイテムをリアルに着こなす術

力強いメッセージが込められ、アーティスティックなシーズンとなった2014年春夏。そんな大胆なコレクションは、ランウェイを歩くモデルのように着るのが素敵だけれど、全部は買えないし、体型も違うし…何よりリアルに街で着て歩きたい!そんな願いを叶える企画がここ。今季一番アートでパワフルなコレクションを発表した8ブランドのコレクションアイテムをリアルに着る術、お教えします!
アートでパワフルなコレクションアイテムをリアルに着こなす術

YOUが『黒い服』をプロデュース!?

YOUがフォーマルをテーマにしたカプセルコレクションPEELSLOWLYをディレクション。「ブラックフォーマルで気軽に買える素敵なものがなかったから、自分で作ってみちゃった。普段も着れたらお得でしょ」。おしゃれ番長YOUがプロデュースしたとあって、おしゃれな上に2万円台のアイテムがメイン。誰もがこんな新しいフォーマルウエアを待っていたはず。
YOUが『黒い服』をプロデュース!?

人気急上昇の次世代女優をクローズアップ 有村架純が開花するとき

次世代ヒロインとして注目を集める21歳。『あまちゃん』で春子のアイドル時代をみずみずしく演じた有村架純。デビュー4年目で“国民的な存在”へと着実に成長し、輝きを宿す女優としての名を刻みつつある。大きく羽ばたき出した彼女の今を大特集。
人気急上昇の次世代女優をクローズアップ 有村架純が開花するとき

異彩を放つ俳優、斎藤 工

セクシーな大人の男から、個性あふれるくせ者まで、多彩な役柄で私たちを魅了する俳優、斎藤 工。いわゆるイケメンであることが、彼の本来の魅力のかせになっているのではと思うぐらい、その素顔は独創的だ。
異彩を放つ俳優、斎藤 工

三代目 J Soul Brothers伝説

前号から待望の短期連載がスタート。今回は1月から始まった全国ツアー「BLUEIMPACT」の東京・代々木公演の楽屋入りをパパラッチ。日本各地を飛び回る多忙な彼らに会えるチャンスはここだけ。個性が際立つお洒落な私服で登場したメンバーたちから、東京公演初日に向けた熱いメッセージを聞くことができた。
三代目 J Soul Brothers伝説

アスリート、母として、ひとりの女性として。 26歳で訪れたターニングポイント 安藤美姫がリンクに残した軌跡

昨年末、現役引退を表明したフィギュアスケーターの安藤美姫。アスリートとして表現者として、勝つこと以上に、「自分というものを持つこと」を常に追求し、17年間の競技生活に幕を閉じた。現在26歳。娘を出産し、母として、アスリートとして新しい一歩を踏み出した。正真正銘、唯一無二のトップアスリートの素顔を大解剖。素を写し撮ったビジュアルとロングインタビュー、プライベートのデジカメ日記も掲載。
アスリート、母として、ひとりの女性として。 26歳で訪れたターニングポイント 安藤美姫がリンクに残した軌跡

東京コーヒーニューウェーブ

第3次コーヒーブームの今。大手セルフサービスショップから純喫茶の進化形的コーヒー屋、ギャラリーなどを併設する個性的なコーヒーショップまで、コーヒー好きもそうでない人も楽しめる空間が人気。古今東西、コーヒーショップは”人と人をつなぐ”とっておきの場所。コーヒーショップ文化を楽しむTIPをチェックして。
東京コーヒーニューウェーブ