82
Fashion JUJU's Closet
JUJU × 田中杏子「赤いアイテムがすごく気になる!」

numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s Closet』。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立ち、2017年秋冬のファッショントレンドをテーマに全3回にわたってお送りする小誌編集長・田中杏子とJUJUのおしゃれトーク。

Photo:Kisimari
Hair & Makeup:Akiko Gamou
Interview & Text:Kefa Cheong
Edit:Maki Saito

juju#82_01

前回の「ファニーモード」とガラリと変わり、2回目のテーマは「赤」。「ジバンシィ(Givenchy)」「フェンディ(Fendi)」では全身真っ赤のルックが登場したほど、今季の注目カラー。赤いファッションやメイクの取り入れ方、手持ちの赤アイテムに始まり、JUJUのステージ衣装、ライブでの面白エピソードまで大いに盛り上がった会話をお届け。

JUJUも「赤」に夢中!

田中杏子(以下A)「2017年秋冬コレクションのランウェイでは、全身真っ赤もあれば、どこかに赤を差し込んだスタイルもあったり、とにかく赤オンパレード。普段着としてはちょっと…というようなファッションもOKなシーズン。今思えば、昔大阪には全身緑のおじさんがいました(笑)」

JUJU(以下J)「私も昔、赤一色のおばちゃんを見た記憶があります」

A「いましたよね。そこまではトライできないという人も、どこか一色赤を取り入れるなど、ぜひトライしてほしいです」

J「実は去年あたりから赤いアイテムがすごく気になっています。赤い靴を見ると買ってしまうし。今年3月にNYに行った時も、どうしても赤い口紅が欲しくなって、ついにお気に入りの一本を見つけました!」

A「どこの口紅ですか?」

J「『ケヴィン オークイン(Kevyn Aucoin)』です。とてもキレイな発色なんです」

jujuscloset#79_10
JUJU’s Closet Vol.79「アリーナツアー直前! JUJUのプライベート写真日記」掲載

A「どんなシチュエーションで赤い口紅をオンされるんですか?」

J「…どんな時なんでしょう(笑)。普段口紅を塗らないので、たまに使うとみんなびっくりするんですよ、『赤っ!』て。それでまた少し遠のいてしまったり…(笑)」

A「パーツがはっきりされているから、口元が目立つんですかね?」

J「なんだか口おばけみたいになっちゃって」

A「お似合いになりそうですが、そういう時のファッションは?」

J「今日(写真)のようにシンプルな単色です。黒いドレスや、Tシャツにデニムとか」

A「シンプルにまとめるんですね。今日の赤いイヤリングはいつ手に入れたのですか?」

J「今年の春に、この赤ともう一つ黒を買いました。ターコイズもあったので迷ったんですが、そこは我慢!」

A「リップ、ネイル、靴の赤はトレンドとして取り入れやすいですが、服はどう? とても似合いそうだけど」

J「ドレスやトップスを持っています! ただ着る機会がなかったので、今年は着てみようかな」

A「ぜひトライしてください。ステージ上で私服を着ることはないと思うんですけど、BLUE NOTE TOKYOの『JUJU JAZZ LIVE 2017』で真っ赤なドレスを着てジャズを歌っているJUJUさんを想像すると、とても素敵です」

J「いい案ですね! 相談してみます」

A「やはり赤を着ると気分も上がりますか?」

J「そうですね。赤いちゃんちゃんこや赤い下着もそういう効果なのかもしれませんが、やっぱり赤を着ると気分が上がります」

「スナックJUJU」の出勤スタイル!

Profile

JUJU(じゅじゅ) 歌手。18歳で単身渡米。5月~7月に行われた「–ジュジュ苑スペシャル– スナックJUJU アリーナツアー2017」は大成功のうちに幕を閉じ、8月には夏恒例のスペシャルなジャズライヴ「JUJU JAZZ LIVE 2017」開催。JUJUの日(10月10日)には、「JUJU BIG BAND LIVE “So Delicious, So Good”」が東京と大阪で開催決定。 HP/www.jujunyc.net Twitter/@JUJUsonymusic Instagram/@juju_st_a_gram LINE/ID:JUJU

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post