75
Fashion JUJU's Closet
JUJU × 田中杏子「スポーツカジュアルなNY時代」

numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s Closet』。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立ち、2017年春夏のファッショントレンドについて、JUJUと小誌編集長・田中杏子が3回にわたりトーク。

Photo:Kisimari
Hair & Makeup:Akiko Gamou
Interview & Text:Kefa Cheong
Edit:Maki Saito

jujuscloset#75_main

ハッピーでカラフルな印象の2017年春夏コレクションからは、スポーティなアイテムも多数登場。普段はなかなか見られないJUJUのスポーティなスタイルの原点とは?(後編)

犬のお散歩はスポーティなスタイルで

田中杏子(以下A)「2017年春夏トレンドのスポーティなテイストも昔は苦手なジャンルだったんですが、最近ではMA-1やキャップで取り入れて楽しんでいます。『シャネル(Chanel)』や『バレンシアガ(Balenciaga)』のランウェイではキャップが、『ディオール(Dior)』からはサンバイザーが登場しました。スポーティなアイテムをあえてラグジュアリーに着こなす。逆にいえば、ラグジュアリーなアイテムをマダム風に着るのではなく、着くずすのが今っぽいんです」

juju#75_chanel
©CHANEL

juju#75_dior

JUJU(以下J)「ファーコートにキャップという杏子さんの今日のスタイルですね。ファーコート、素敵です!」

A「フードが付いていて少しスポーティな要素もありますよね」

J「ファーアイテムは2015年の秋冬でいくつかゲットしたのですが、いつの間にか寒い季節が通り過ぎて着る機会を逃してしまったので、今季こそはと着ています」

A「日本は冬でも意外と暖かかったりするので、そうこうしているうちに時季を逃してしまいますよね。今がちょうど寒い季節とはいえ、たまに汗だくになりながらファーコートを着ていますから(笑)」

J「なかなか着るタイミングが難しいですよね。どんちゃん(JUJUの愛犬)のお散歩のときに寒いと着るのですが、気分が上がります」

A「そういうときのボトムは何を合わせているんですか?」

J「スウェットに、足元はスニーカー(笑)」

A「それこそ本当のスポーティミックスかもしれません(笑)」

J「NYに住んでいたときは特にストリートファッションやスポーティなスタイルが好きでした。当時から親交のある『サープラス(Ssur*Plus)』のラッセル・カラブリン(Ruslan Karablin)が、10年後にやっと時代が追いついてきたと言っていました」

A「今でも彼と連絡をとっていますか?」

J「たまに連絡を取ります。さあ寝ようというときに連絡が着て来て、それも電話じゃなくてフェイスタイムで…。お化粧もしていないし、3時間後には起きなきゃいけないのに(笑)」

A「今でも親しいんですね。そういうときはどんなお話をされるんですか?」

J「特に用はなくて『元気でやってる? 英語力はどう?』って調子です。私いま英語で話せているでしょって(笑)」

JUJUがストリートブランドにハマっていた!?

Profile

JUJU(じゅじゅ)歌手。18歳で単身渡米。2016年 10月26日、カヴァーアルバム『Request』シリーズ第3弾、80年代歌謡曲を収録した『スナックJUJU ~夜のRequest~』をリリース。–ジュジュ苑スペシャル–「スナックJUJU」アリーナツアー2017が17年5月〜7月まで全10公演開催! 3月22日には34枚目のシングル「Because of You」(映画「パッセンジャー」日本語吹替版テーマソング)をリリース。 HP/www.jujunyc.net Twitter/@JUJUsonymusic LINE/ID:JUJU

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post