2014-2015年秋冬トレンド速報! JUJUが挑戦する3つのテーマ(中編)/ JUJU’s closet vol.39 | Numero TOKYO - Part 3
Fashion / JUJU's Closet

2014-2015年秋冬トレンド速報! JUJUが挑戦する3つのテーマ(中編)/ JUJU’s closet vol.39

Numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s クローゼット』。今回は、2014-15年の秋冬コレクションから読み解く次なるファッショントレンドがテーマ。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立って、小誌編集長・田中杏子とJUJUがトークします。話題はファッションからプライベートのあれこれまで。どんな話が飛び出すのでしょうか?(中編)
──今回のコレクションで『Avant-Garde』にカテゴライズされた服はどのようなもの?
A「最初にもお話したように、当時の芸術思想や芸術に基づいた社会運動がディテールに見え隠れしていたのですが、具体的に言うと、グラフィカルなものやモチーフもの、ミリタリーテイストのものが各ブランドで多く見られました」
J「ミリタリー調、気になります。ドイツ軍自体というわけじゃなく、ドイツの軍服が好きなんですよね」
A「いいよね。私もロシアに行ったとき、ロシアの軍のバッチがいっぱいついた帽子がかっこよくて、つい買っちゃいました」
J「あら、なんと杏子さんも! ミリタリー好き仲間ですね」
JUJU's closet vol.25
JUJU
JUJU(じゅじゅ) 18歳で単身渡米。04年8月「光の中へ」でデビュー。09年、「明日がくるなら」が映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に抜擢され、大ブレイクを果たす。デビュー10周年第一弾シングルとして、9月17日には、NHKドラマ『聖女』主題歌の「ラストシーン」をリリース。10月12日には、さいたまスーパーアリーナ にて「JUJU SUPER LIVE 2014-ジュジュ苑 10th Anniversary Special-」を開催。 HP / www.jujunyc.net/ Twitter / @JUJUsonymusic LINE / ID:JUJU
田中杏子(たなかあこ) Numéro TOKYO編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告などに携わる。ファッション・エディターのほか、広告のスタイリングやTV番組の司会などの職を兼務。2005年よりNuméro TOKYO編集長に就任。同誌ファッションページのスタイリングやブランドのアドバイザー、ディレクションなども行う

Profile

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する