39
Fashion JUJU's Closet

2014-2015年秋冬トレンド速報! JUJUが挑戦する3つのテーマ(中編)/ JUJU’s closet vol.39

Numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s クローゼット』。今回は、2014-15年の秋冬コレクションから読み解く次なるファッショントレンドがテーマ。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立って、小誌編集長・田中杏子とJUJUがトークします。話題はファッションからプライベートのあれこれまで。どんな話が飛び出すのでしょうか?(中編)
──前回の「Swinging London」に引き続き、今回のトークテーマは2014-15年秋冬のトレンドキーワードより「Avant-Garde」です。
田中杏子(以下A)「このトレンドはプラダが牽引しているところがあるんです。ダダイズム、シュールレアリズムなどを継承したネオダダの時代を焼きなおしていて、1970年代のドイツのクリエイターに触発されているような感じ」
JUJU(以下J)「今回もまた、難解ですね(笑)」
A「たとえば映画監督のライナー・ヴェルナー・ファスビンダーや、ヨウジヤマモトとのコラボレーションも話題になった舞踏家のピナ・バウシュ、あとは現代アーティストのヨーゼフ・ボイスとか。あとはセリーヌなどのルックも、ドイツ表現主義をフィーチャーしていましたね」
J「なるほど。前回のロンドンのテーマの時にもお話ししましたが、ヨーロッパ方面はパリ止まりなので、私はドイツにも行ったことがないんですよね」
Photo:Kisimari Hair & Make : Yoshie Sasaki Interview & Text:Yuko Fukui Edit:Maki Saito
【JUJU が抱くドイツのイメージって?】
next

Recomended Post