52
People Interview

水原希子&リリー・フランキーのスペシャル対談
「大根監督は女優をキレイにエロく撮る」

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』に出演した水原希子とリリー・フランキーの二人によるリアルな恋愛談義。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年10月号掲載

Photos : Wataru Fukaya
Hair&Makeup : Yusuke Saeki (Kiko Mizuhara)
Styling : Rieko Sanui (Kiko Mizuhara)
Text : Tatsunori Hashimoto
Edit : Michie Mito

20170726 Numero2607207.eps

“力まないカッコいい大人”=奥田民生に憧れる雑誌編集者のコーロキ(妻夫木聡)が、恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ抱腹絶倒のラブコメディ『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』。大根仁監督がメガホンを取った本作で、見る者をすべて夢中にさせる最強(最恐、最狂)にキュートでセクシーなファッションプレス、あかりを演じた水原希子。そしてコーロキを悩ませる時代錯誤なライター、倖田に扮したリリー・フランキー。性別や年齢を問わずモテまくる二人が考える、出会う男を狂わせる女とは? エロい女とは?

リリー・フランキー(以下L)「いや〜『奥田民生になりたいボーイ〜』の希子ちゃんは、超〜エロかった。映画であんなに生々しくてエロい女を観たのは久しぶりだったよ」

水原希子(以下K)「本当ですか!?」

「あんなに女性を撮ることに執着してる監督はいないからね」

K「(笑)、そういえば時間がかかりましたね。“もっとベロを出して”とか、要求もたくさんありましたし」

「また体の“しなり”がキレイ。昔でいう柳腰で小股の切れ上がった。あの役はこの体つきじゃないと成立しないし、観終わってほかの女優さんが思い浮かばなかったよね」

K「女優と呼んでもらうほど実力もないので“何でもやります!”って」

「大根監督は女優さんをキレイに、なおかつエロく撮れるし。あかりが黒い下着で横になってるシーンなんか、特によかったな〜。エロかった」

K「監督は、私のお尻が好きなんですよ(笑)。以前、『週刊文春』の(巻頭グラビア)“原色美女図鑑”を見た監督がお尻がいいとツイートしてくださっていたのを知っていて」

「あのシーンは、監督も自分でいい画が撮れたと思ったんだろうね。そのときのモニターの映像をリアルタイムで写真に撮って送ってきたから(笑)」

K「(笑)、だから、どうせやるならキレイに撮ってもらおうと覚悟を決めて。毎日お尻とかおっぱいにクリームを塗って。美容にも気を配りながら現場に臨みました(笑)」

似たようなタイプの女に
振り回された記憶

Profile

水原希子(Kiko Mizuhara) 1990年10月15日、米国生まれ。2003年より『Seventeen』(集英社)専属モデルとしてキャリアをスタート。ファッション誌をはじめ、ファッションブランドの広告キャンペーンやCM出演など国内外で幅広く活躍。2010年映画『ノルウェイの森』で女優デビュー。以降、数々のドラマや映画に出演。

Profile

リリー・フランキー(Lily Franky) 1963年11月4日生まれ。福岡県出身。武蔵野美術大学卒。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で本屋大賞受賞。絵本『おでんくん』はアニメ化。映画『ぐるりのこと。』『そして父になる』『凶悪』ほか出演作で多数の映画賞を受賞。

Recomended Post