44
People Interview

ペトラ・コリンズにインタビュー「ライアンとの旅で自由になれた」

フォトグラファー、モデル、キュレーターなどとして多岐にわたって活躍している時代のアイコン、ペトラ・コリンズ(Petra Collins)にインタビュー。(「ヌメロ・トウキョウ」2017年3月号掲載)

Photo : Frederic Auerbach
Interview : Jen Monroe
Translation : Nina Utashiro
Edit : Maki Saito

petracollins_main
ニットトップ¥70,000 イヤリング¥17,000/ともにMSGM(アオイ)

「グッチ(Gucci)」のアンバサダーとして抜擢され、広告のムービー撮影を担当したことで世界に名が知れ渡ることになったペトラ・コリンズ。フォトグラファーとしてのキャリアも着実に積んでいる彼女が、苦悩の時代および人生を変えてくれたという衝撃の出会いまでを語ってくれた。

煌びやかな面だけではなくて
私のすべてを知ってほしい

──NYファッションウィークはいかがですか? 現在動いているプロジェクトはありますか。

「充実していて楽しいです。今はショウを2つと、この秋に出す本の準備をしています。数年前に出版した『Discharge』とは全く違ったものになると思います。私が撮った写真だけではなく、すごくパーソナルなメモや日記、家族や私の写真も含める予定です。私の年齢でレトロスペクティブを出版するのはちょっとシュールですが(笑)、世界に発信したいことが積もりに積もっていて、やっと出版できるというような心境です」

petracollins_04
大好きな妹のアナと!

──最近ハンガリーで家族の写真を撮影されたとか。

「生まれ育ったトロントと、親族がいるハンガリーに里帰りして家族の写真を撮りました。すごくいい経験になったと思います。写真というものを全く違った視線で見られるようになりました。自分のプライベートな世界の写真をこんなに真剣に撮ることは初めてで…。普段は自分にフォーカスを当てるというよりムードや色彩で自分の心を表現しているのですが、自分に深く関係しているものの写真を撮ることで描写の仕方が変化するのを体験できて面白かったです。家族の写真を友達に見せたら『これ、すごく奇妙ね。あなたと被写体一人ひとりの関係が写真を通して伝わってくる』と言われたんです。それを期待していたから、よかったと思いました。ドリーミーでシュールな写真だけど、同時に限りなくリアルなんです。家族は実際に存在する強い絆だから。魔法みたいでゾクゾクしました」

petracollins_05
この頃からずっと一緒に遊んでた。今でも尊敬する存在。

──トロントで生まれ、育っていますが、ハンガリーが故郷なのですね?

「はい。母がハンガリー人なので、ハンガリー語と英語のバイリンガルに育てられました。母はハンガリーが共産主義国だった時代にカナダに移民したので、私と妹はカナダで育ちながらも毎年夏はハンガリーで過ごしていました。だから第二の家というか、故郷ですね。自分のルーツを感じる場所です。祖母は母の幼少期からずっと同じアパートに住んでいるので何ひとつとして変わっていないし、自分の歴史がある場所だと思っています」

──本の話に戻りますが、作品を自伝的にするということですか?

「完全に自伝的にしたいわけではないのですが、自分の作品をタイムラインで見ると必然的に私の成長も記録されていると思います。10代の頃は10代の子を撮っていたけど、成人した今は自分の周りにいる大人を撮っています。ティーンの女の子ではなくなってしまったから、ティーンを撮ってもその子たちのストーリーを語ってあげられなくなってしまったんです」

petracollins_11
4年間一緒に制作したインフルエンサーのタビとの雑誌「ROOKIE」。

──自分が育った環境や家族について発信したいと言っていましたね?

「それを今度の本で全面的に出すつもりです。私の人生と作品を形成するものを突き詰めようと思っていて。いま振り返ってみてわかることもたくさんあります。私の知名度が上がってくるのに伴って、私の精神的な部分やボディイメージについても特にみんなに知ってほしいと思っています。若い女の子のお手本的なポジションにされつつあるので、私の人生の煌びやかな面だけでなくて360度すべてを知ってほしい。私もさまざまな経験をしてきているので」

──あなたの作品を通してほとんどの人がノスタルジアや少女時代を思い浮かべます。あなた自身、少女時代に経験できなかったものを求めているような気がしますか?

「家庭環境が理由で、10代の時期を満喫できなかったという思いがあります。私の写真の多くは、確かにもう一つの現実を生きたくて創り上げた空間かもしれませんね。この本を制作するにあたって過去を振り返ることがとても面白くて。今となっては昔のことだから冷静に客観視できて、自分が何をしてどう感じていたかを理解できるようになっていたんです。私の写真のほとんどは現実にはないものを映し出していたんです。あのとき夢に見ていた未来や求めていた思春期とか。例えばアーティストが60年代をレファレンスに使うようなノスタルジアとは違うのです。私は60年代を生きていないから、共感というよりデジャヴのような感覚ですね。例えば映画を見て、自分はもしかしたらその世界に生きていたかもしれないと思わせるようなものです」

──願いが叶うようなノスタルジアですね。

「そのとおりです」

petracollins_13
体調が悪くてもこんなことができる時代。

──SNSの発展に伴って、アーティストが公的な存在になり、いったい何を発信するのかと期待され予想もされたりしますが、あなたはSNSを優雅に使いこなし、もはやあなたを語るこにおいて欠かせないものになっていますよね。一般の人があなたに抱くイメージを苦痛に感じることはありますか?

「ないです。私はSNSとともに育った世代なので、自分をさらし出すことは重荷ではありません。SNSは私の思春期の中心的存在だったし、もう一人の自分、もう一つの次元での自分なんです」

petracollins_14
セルフィー!

──セルフィーですね。

「そうです(笑)」

ただがむしゃらになって
夢中で写真を撮り続けた

Fashion Editor : Zara Mirkin Makeup : Linda Gradin at L’Atelier NY Fashion Assistant : Amber Simiriglia

Profile

Petra Colins(ペトラ・コリンズ) 1992年12月21日生まれ、カナダ・トロント出身。現在はNYを拠点にフォトグラファー、モデル、キュレーターとして活躍中。2008 〜14年の作品をまとめた写真集『Discharge』を2015年に発売。今年4月に、カナダ・トロントにあるCONTACT galleryにて写真展を開催。現在は今年の秋に向けて写真集を制作中。

Recomended Post