39
People Interview

トップモデルの親友対談。
フリーダ&ジャックのビューティシークレット

モデルのフリーダ・グスタフソン(Frida Gustavsson)とジャック・ヤガチャク(Jac Jagaciak)が、「ニナ リッチ(Nina Ricci)」の香水「ニナ リッチ ルナ ブロッサム(NINA RICCH Luna Blossom)」のキャンペーンに登場。二人の特別インタビューが実現!

Text & Edit : Hisako Yamazaki

ninaricci_01

フリーダとジャックは、仲睦まじい親友同士。この永遠の友情は、10代の頃からファッションショーのバックステージで育まれた。彼女たちは「#Frigaciak」と自分たちの名前を合体させたハッシュタグでInstagramをアップしたり。「ニナ リッチ」のフレグランス「ルナ ブロッサム」のキャンペーンは、そんな二人の友情にフォーカス。ミューズとして抜擢されたトップモデルの2人の美の秘訣とは?

──「Frigaciak(フリジャック)」。この言葉はどこから生まれましたか?

フリーダ(以下、F)「正確には覚えていないのですが、おそらく2010年頃かな。ショーを一緒にやってみたら、私たちの特別な友情が芽生え始め、興味をそそられていました」

ジャック(以下、J)「それは、私の名字とフリーダの名前の組み合わせ。たしか、最初にどこかのWEBサイトでそうやって呼ばれていたと思います。ちょうど、Twitterが始まった頃だったかな。私はとってもこの言葉が好きで、気に入っています。それを見ると、すぐにフリーダにメッセージを送ったり、電話したくなってしまうほど!」

──二人が出会った日について教えて。

F「初めてジャックに会ったのは、日本に滞在したとき。そのとき私たちはとっても若くて、すぐにお互いを好きになりました。その後、プリングルスを食べながら、東京に戻る列車に一緒に乗ったの(笑)」

J「同じ仕事のために、たまたま一緒になったの。電車に一緒に乗っていたのだけれども、乗るべきはずの電車を見逃してしまったのか、少し早い電車に乗ってしまったのか…あまり覚えてはいないのだけれど、乗った電車に席がなかったので、仕方なくお菓子を食べながら床に座りました。それはまるで、10代の女の子たちと同じような気分で、私たちはとっても楽しくその時間を過ごしたの。モデルの仕事をしていた私たちは、すでに普通の10代の女の子たちの生活とは違っていたので、だからこそ、その特殊なつながりをすぐに感じたのかもしれない。それから1年ぐらい経ったある日、パリで再会。そのファッションウィークの1週間はほとんど離れずに一緒に過ごしたの」

ninaricci_02

──初めて二人が出会ったとき、なにを感じました?

F「ものすごくパワフルに、私をインスパイアしてくれる女の子だと思った」

J「『わぁ、私より背が高い!』って(笑)」

──フリーダ、ジャックをそれぞれに描写すると?

F「ジャックはとても集中力があって強くて、インスパイアされるの。彼女がどんな道を選んでも、何かがジャックを止めることなど想像できない」

J「空想にふけっていても、ちゃんと地に足をつけ、いつでもインスパイアされてしまう。私の知っている人のなかで、トップを争う賢い女性!」

──二人で過ごした、今まででいちばん最高の思い出は?

F「私の結婚式でお尻を振ってダンスして…あとは秘密(笑)!」

J「短い休暇で一緒に行った、メキシコの思い出」

🍎 #BellesDeNina 🍎

frida gustavssonさん(@fridargustavsson)がシェアした投稿 –

──なにがお互いの友情をユニークにしている?

F「ある意味、私たちは一緒に成長してきたの。生まれた国も言語も異なるけれど、お互いをよく理解している」

J「私たちが生きているユニークな人生。そしてファッション業界で『Frigaciak』になったことかな」

ninaricci_03

──「ニナ リッチ」のフレグランス「ニナ」と「ルナ」について。このデュオは、二人にとって何を象徴している?

F「姉妹です」

J「友情」

──この「ニナ リッチ」のフレグランスは、自分のなかのどんな気持ちを呼び起こしますか?

F「素晴らしい気分にしてくれ、遊び心もあって冒険的。セクシーでシックな気持ちにもなるわ」

J「『ニナ』の香りは甘くて軽い、デイライトに似合う香り。『ルナ・ブロッサム』は、私にとっては夜の香水。香りはロマンスを匂わせるような、そしてとってもキュートなもの」

トップモデルたちの
美しさの秘密について

Profile

Frida Gustavsson(フリーダ・グスタフソン) 1993年生まれ、スウェーデン・ストックホルム出身。IMG Paris所属。2008年に地元でスカウトされ、モデルとしてキャリアをスタート。09年秋冬のヴァレンティノのオートクチュールにてコレクションデビューを果たし、注目を浴びる。その後、数々のファッション誌の表紙、エディトリアルに起用され、ヴァレンティノ、エトロ、マーク ジェイコブス、メイベリンなどの顔になる、15年に結婚し、故郷のストックホルムを拠点に活躍中。

Profile

Jac Jagaciak(ジャック・ヤガチャク) 1994年生まれ、ポーランド出身。13歳のときにスカウトされ、大手モデル事務所IMGと契約し、同年にエルメスの広告に抜擢される。翌年、日本にモデルのキャリアを積むために6週間滞在する。その後、ヴァレンティノ、カルバン・クライン、シャネル、ジル・スチュアート、ドルチェ&ガッバーナなどの広告キャンペーンに起用される。15年にはヴィクトリア・シークレットの“エンジェル”の一人に大抜擢された。

Recomended Post