People / Interview

カレン・エルソンに独占インタビュー!
「音楽を書く行為は、自分の真実を語ること」

トップモデル、二人の子どもの母親、ミュージシャンとして多忙な毎日を送っているカレンが振り返る時間とは? 38歳になったばかりのカレンに独占インタビュー。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年4月号掲載)

DMA-2014 June-JulyKaren-Elson-Numero-Victor-Demarchelier-01
DMA-2014 June-JulyKaren-Elson-Numero-Victor-Demarchelier-01

仏版Numéro 2014年6/7月号の表紙。©Victor Demarchelier

──母親であることはどういう意味を持ちますか?

「子どもを持つと、人は共感を覚えるし、すべてのことが美しく見える。自分のすることすべてが、子どもたちと過ごす時間を優先して決められる。もちろん仕事もしなければならないから、そう簡単ではないけれど…」

DMA-early mother's day treats from my little ones
DMA-early mother's day treats from my little ones

愛する子どもたちから母の日のギフト。

──いま夢中になっていることは?

「テレビ番組『ラリー・デビッド』。彼は本当にファニーで、いつも間違ったことを言ってしまうこととか、あの気まずさとか、ああいうタイプの人が自分の人生にいるから、それがおかしくて、とにかく好きなの。すべてのシーズン、2回ずつは見ています」

──“グルーヴ”があると思う人は誰ですか?

「ヘレナ・ボナム=カーター! 昨日ホテルのエレベーターでばったり会ったんだけど、ほんとにクール。スタイルもかっこいいし、夢中になっていることの答えは彼女でいいくらい!」

DMA-home
DMA-home

スイートホーム。

──日本の思い出は?

「初めてのモデルの仕事は東京だったの。3カ月の滞在の途中に、17歳の誕生日を迎えた。あの時はすべての経験が新鮮で、ワイルドで、日本の文化の多面的なところに強く刺激を受けました。滞在中に当時モデルだったタバサ・シモンズと友達になって、ルームメートになったり。いま思い出してもいいことばかり。いつか東京で演奏できる日が来るといいな」

Photo : Alex Cayley
Interview : Yumiko Sakuma
Casting & Edit : Maki Saito

Profile

Karen Elson(カレン・エルソン) 1979年生まれ、イギリス出身。Viva Paris所属。16歳でモデルデビューし、ヴァレンティノ、カルティエ、シャネル、セリーヌ、バレンシアガ、プラダ、ミュウ ミュウ、ルイ・ヴィトンなどのキャンペーンの顔に抜擢され、世界各国のファッション誌の表紙を飾っている。2005年にジャック・ホワイトと結婚し、同年にはブリティッシュ・ファッション・アワードのモデル・オブ・ザ・イヤーを獲得。二人の子どもをもうけるが、11年に離婚。現在は米・テネシー州ナシュビルを拠点に活動。

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する