35
People Interview

蜷川実花が撮る、裸の窪塚洋介

蜷川実花にとって「唯一無二のスペシャルな存在」だという俳優・窪塚洋介。彼の独特の色気や透明感をありのままに捉えたビジュアルとともに送る2人の対談。「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年3月号掲載

Photos:Mika Ninagawa
Hair & Makeup:Takahiro Hashimoto
Interview:Sayumi Gunji
Text:Rie Hayashi
Edit:Fumika Oi

6I7A1693.eps

夢と現実を混ぜ合わせる

窪塚洋介が姿を見せたのは、渋谷の街を眼下に望むホテルの一室。「渋谷」という象徴的な街を背にして、蜷川実花とのセッションが始まる。

──今回、撮影は何年ぶりですか?

蜷川(以下、M)「3年ぶり? 窪塚くんって全然年を取らないよね」

窪塚(以下、K)「うん。実花ちゃんもね(笑)」

M「最初に会ったのは10年くらい前だよね。今でも覚えてるのが、窪塚くんがひょいって塀の上に乗っかって『こっちこっち〜』って車を誘導した場面があったんです。そしたらその瞬間に逆光がふぁ〜ってなって、もう本当の天使にしか見えなくて」

K「(笑)。あと、あの俺の写真集はすごかったね」

M「いろいろ演出して撮れるものじゃないから。フィクションとの間を行き来する感じが、すごくいい」

K「真実を写す。でも夢と現実を混ぜ合わせるみたいな感じが、カメラは魔法の道具っていうかね。ちょうど俺が自分のマンションから落っこちた後の復帰作を撮ってくれたんだよね」

M「そう。その飛び降りた瞬間のことは、覚えてる?」

K「いや、全然覚えてないんですよ。気づいたら病院のベッドの上で、骨もボキボキに折れてて…。神様に『調子乗んなよ』って落っことされたんだと思ってます。当時はもう宇宙の果てまで全部わかった気になってたから」

役者にリスペクトされる役者

Recomended Post