世界的建築家が語るメイプルソープの世界@シャネル・ネクサス・ホール | Numero TOKYO - Part 2
Interview / Post

世界的建築家が語るメイプルソープの世界@シャネル・ネクサス・ホール

東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて、伝説の写真家ロバート・メイプルソープの展覧会がついに開幕した。日本ではじつに15年ぶりとなる大規模展示。プライベートコレクションを公開した世界的建築家ピーター・マリーノに、その意義と思いを聞いた。

04_017_DSC2035 コレクター/建築家として、展示構成に込めたもの ──展示室は3つありますが、最初の1室と第2室は白い部屋、最後の第3室は黒と、空間が塗り分けられていますね? 「展示室を進むにつれて、鑑賞におけるインパクトが強くなっていくようにしたかったのです。ですから、最初の白い空間には、野菜やフルーツ、もしくは手などを被写体にした写真を選びましたが、とても美しい花の写真を展示する部屋はドラマチックな構成にしたつもりです」 ──今回の展示におけるポイントをお教えください。 「メイプルソープが白と黒のコントラストを使って主題となる被写体をどのように描いているかを、ぜひともご覧になっていただきたいと思います。例えば『Sleeping Cupid』(1989年)という作品は、寝そべったキューピット像の上に、白い矩形のスペースを配置していますが、白い彫像との対比で、非常にアーティスティックな効果を実現しているのです」 05_1940-SleepingCupid_1989-300dpi 写真を“アート”たらしめた、メイプルソープの功績 ──およそ30年にわたってコレクションをなさってきたわけですが、何かテーマなどは設定されているのですか? 「彼の作品の中でも、特に古典的な形式をとっているもので、なおかつ白や黒を背景にしているものが好きなんです。カラーの作品には興味がなくて、1枚も持っていません。それに、お金を稼ぐために作った作品ではなく、彼自身のためにアートとして撮った写真が一番優れていると思っています」 ──Numero TOKYO本誌に寄せてくださったコメント(※1)では、メイプルソープを世に送り出したギャラリーとして名高いロバートミラー ギャラリーで、70年代に彼の個展が開催されて以降、ずっと敬愛してこられたとおっしゃっていましたね? 「メイプルソープが写真で作品を制作し始めたころ、つまり70年代当時、まだ写真作品はファインアートとしてみなされていませんでしたが、彼の登場によってその状況は劇的に変化したんです。つまり、写真がアートとして社会的に認められたのは、彼の偉業と言っても良いのです」 06_464-FrankDiaz_1980-300dpi

至高の写真家、メイプルソープに敬意を表して

Interview & Text:Akiko Tomita
Edit : Keita Fukasawa

Profile

Peter Marino(ピーター・マリーノ) 建築家。ピーター・マリーノ設計事務所代表として、ニューヨークにて160名のスタッフを抱え、世界各国でラグジュアリーブランドの店舗やリゾートホテル、セレブリティの邸宅などを設計。日本においては、シャネル銀座ビルディングをはじめ、シャネル表参道店、大阪・心斎橋店などを手がける。アートコレクターとしても知られ、ロバート・メイプルソープ作品を含む自身のアートコレクションを展示した「One Way: Peter Marino」展(マイアミ・バス美術館、2014-15年)では自ら展示構成を行い、話題を集めた。フランス文化勲章をはじめ、受賞も多数。(Photo:Yuji Namba)

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する