04
People Interview

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭
アーウィン・オラフの新境地

世界最古のシャンパーニュメゾン、ルイナール(Ruinart)が2016年のコラボレーターに選出した世界的フォトグラファー、アーウィン・オラフ(Erwin Olaf)にインタビュー。

Interview & Text:Michie Mito

Erwin Olaf

世界最古のシャンパーニュメゾン、ルイナール。18世紀から著名アーティストに、彼らの感性を生かして、メゾンを表現するコラボレーションを発表している。今年のコラボレーターは独自の視点で時代を表現する世界的フォトグラファー、アーウィン・オラフ。KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016 にて、その作品を日本初公開すべく来日したオラフ氏にインタビュー。

1729年に創業の世界最古のシャンパーニュ・メゾン、ルイナール。シャルドネの個性を最大限に生かし、エレガントで洗練された最高級品質のシャンパーニュは「シャルドネの芸術」として愛されている。ルイナールはアートとの繋がりが深いことでも知られている。始まりは1896年、アール・ヌーヴォーを代表するチェコの画家、アルフォンス・ミュシャに広告を依頼。シャンパーニュを楽しむ女性が描かれた当時としては画期的なビジュアルは、注目の的に。

その後も気鋭のアーティストたちとルイナールの新たな魅力や世界観を創造するとともに、多くの才能を支援。2000年以降は毎年、時代を率いるアーティストとのコラボレーションを発表。また年間30以上もの世界の名だたるアートフェアにスポンサーシップを行い、アートシーンには欠かせないシャンパーニュメゾンとして名を馳せている。

Erwin Olaf

2016年のコラボレーションアーティストは、オランダのフォトグラファー、アーウィン・オラフ。社会のタブーやジェンダーをテーマに、独特な世界観で表現。その静謐な表現はアート界のみならずファッション界からも注目されている。今回、ストーリー性を感じる絶妙なバランス感覚と光を操る創作手法が、ルイナールの世界観に通じると、コラボレーションに至った。アーウィン・オラフが選んだ制作舞台は、ユネスコ世界遺産に登録されたランスにあるルイナールのクレイエルセラー。ガリアローマ時代の白亜質の石切場跡にあり、地下深く全長8キロにも及ぶセラーは、成熟とわずかなな光だけが支配している。その神秘性に魅せられ、これまでの彼の作風と180℃違う「Light by Erwin Olaf for Ruinart」が生まれた。

「Light by Erwin Olaf for Ruinart」は、京都を舞台に開催される国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」(2016年4月23日~5月22日)内の展示会「Light by Erwin Olaf for Ruinart」にて日本初公開される。来日したアーウィン・オラフに今回の作品について聞いた

Erwin Olaf

写真もシャンパーニュも輝くために闇が必要なんだ

──京都にいらしたことは?

「8〜9年前に一度来て、今回で2回目です。綿密で、さりげなく機微がある、そこが好きだな」

──独特な世界観のある作風で有名ですが、インスピレーションソースは?

「ストリートウオッチングが好きなんだ。ファッションを見ることもあるし、人々の表情や感情を見たり。例えば待ち合わせしている人。待っている間は電源オフになったように表情もニュートラルで、肩の力も落ちていたのに、待ち人が来たら、急に電源が入って表情が出て、体までシャンとする、そういった一連の人の動きを眺めていると、すごく面白いと思うんだ」

ruinart

──KYOTOGRAPHIEようなアートフェアには参加されるだけではなく、個人的に見に行かれたりしますか?

「もちろんさ。写真をはじめ様々なアートからもインスピレーションを受けているよ。日本の写真やアートからも学ぶところがある。メタボリズムの未来都市展も、綿密で未来的でしかも挑発的で、インスパイアされたよ」

Profile

アーウィン・オラフ(Erwin Olaf)1959年オランダ生まれのフォトアーティスト。社会問題や社会のタブーをめぐるテーマを視覚的に緻密に捉えた作品を発表することで名高い。その撮影技法もユニークであり、まず頭の中で光景を思い浮かべ、その光景を描き出し、その後に精緻に、時として飾り気のない手法で光沢紙の上に定着させるというものである。彼の精密さ、画面構成、そして非常に独創的な光の使い方は世界中から賞賛を集めている。

Recomended Post