Beauty / Editor's Post

「Diptyque」のポップアップストアで未知なる香りを体験

限定コレクション「Raw Materials in Colors」のローンチに合わせて、今日から2019年7月16日(火)まで表参道ヒルズにて、ディプティック(Dyptique)のポップアップストアがオープン。

ディプティックを象徴する5つの香りにフォーカスし、その原料の香りやフレグランスのストーリーを物語る動画など、五感を通して香りを楽しむことができる空間です。
限定版のボトルは30mlのミニサイズ🖤 ブルー、オレンジ、ピンクなど各香水ボトルは、とびきり素敵なカラーで彩られています。

私が恋した香りは、ブルーボトルの「ド ソン」。甘美でクリーミィなチュベローズに海を想わせる潮っぽさが宿り、生まれ育った地元の夏の湿った潮風を思い出しました。マリンノートは無条件に好き⛱ディプティックの創業者の一人、イヴが子ども時代に過ごしたベトナムな港町がインスピレーションの元だそう。

ショップの壁面には、たくさんのポストカード。気に入ったハガキはプレゼントしてくれるそうです。

目に見えない香りは、とってもパーソナル。私みたいに生まれ育った場所への記憶を香りが呼び覚ましてくれたり、もしかして私が纏ったこの香りを偶然嗅いだ方が、ヨーロッパの夏のバカンスの思い出をふと想い起こすきっかけになるかもしれない。

こんな風に香りは、私たちをイマジネーション豊かな旅に誘ってくれる。無限の広がり、独自の言語。自分が好きなフレグランスに出会えるということは、人生をまたひとつ豊かにできることなんですね。

 

Profile

山崎尚子Hisako Yamazakiビューティ・ディレクター/エディトリアル・ディレクター。20代後半にロンドンへ留学し、グラフィックデザインと写真を学ぶ。『VOGUE JAPAN』を経て、『Numero TOKYO』創刊メンバーとして参加。本誌では女優やモデルのビューティストーリーなど美容全般を手がけるほか、話題のスーパーキッズLaraの書籍やムーン・リーの占いも担当。ファッションを切り口にした企画が得意。企業マーケティング、ビューティアドバイザーとしても活動。ショッピングと旅は趣味を超えたライフワーク。

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する