「BVLGARI」の新作スイーツで、イタリアの夏に思いを馳せて | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

「BVLGARI」の新作スイーツで、イタリアの夏に思いを馳せて

しばらく海外へ出かけることは難しそうなので、ここ数年出かけた旅の思い出を振り返る日々。その街を流れる風を感じながらいただいた美味しい食も、忘れられない思い出です。

ポルトガルのリスボン、スペインのサンセバスチャン、オーストラリアのメルボルン……どこも個性的で素敵な街でしたが、個人的にはやっぱりイタリア推し。なかでも地中海に面した世界遺産、チンクアテッレ手前にあるカモッリという海沿いの小さな街は、絶対にもう一度訪れたい!と思うほど。ミラノから電車で2時間くらいなので、ミラネーゼの週末の避暑地としても知られています。

この地域で作られるトロフィエというパスタに、バジルのソース、ペスト ジェノヴェーゼを添えた一皿。とてもフレッシュで格別な味でした。バジルはこれからまさに旬ですね!

そのようにイタリア旅を懐かしんでいたところ、ローマ発祥のジュエラー「BVLGARI」が手がけるブルガリ イル・チョコラートから、夏向きのイタリア伝統菓子“トルタ・パラディーゾ”が発売されるというニュースが!

イタリア語で天国のお菓子を意味する“トルタ・パラディーゾ”は、北イタリアのロンバルディア州生まれ。この地に別荘を持っていた伝説の歌姫、マリア・カラスもこのスイーツをこよなく愛し、マリア・カラス秘伝のレシピが現在でも残っているのだとか。

今回ブルガリ イル・チョコラートでは基本の素材、プロセスを守りながら、バターの代わりにオリーブオイルを使用し、レモンの風味を加えることで爽やかで軽い食感に仕上げています。

“トルタ・パラディーゾ” ¥3,000(税込)/ブルガリ イル・チョコラート
“トルタ・パラディーゾ” ¥3,000(税込)/ブルガリ イル・チョコラート

目に見えない疲れがあるのか、このところ体が甘いものを欲しています。シンプルでどこか懐かしさのある“トルタ・パラディーゾ”をいただいて、しばしイタリアへの妄想旅に出かけたいと思います。

ブルガリ イル・チョコラート
TEL/03-6362-0510
URL/http://gourmet.bulgari.com/

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi コントリビューティング・シニア・ファッション・エディター。『Harper's BAZAAR』『ELLE Japon』などのモード誌から女性誌、富裕層向け雑誌まで幅広い媒体での編集経験を持つ。『NumeroTOKYO』には2017年秋よりファッション・エディトリアル・ディレクターとして参加した後、2020年4月からフリーランスとしての個人発信を強め、本誌ではファッションを読み解く連載「読むモード」を寄稿。広告のファッションヴィジュアルのディレクションも行う。著書に『この服でもう一度輝く』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する。
Instagram: @hiroko_giovanna_koizumi

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する