Culture / Lifestyle

「Jane Packer」のワークショップで愛を伝えるフラワーギフトを!

ロイヤルウェディングのブーケデザイン、ロンドンオリンピックのヴィクトリーブーケなども手がけた英国を代表するフローリスト、ジェーン・パッカー(Jane Packer)。

1982年のスタート以来、創始者のジェーン・パッカーによる“自然に咲いている花や植物の姿にインスピレーションを得てデザインに反映させる”というフィロソフィを現在も受け継いでいる。フラワーショップはもとよりスクールや、日本では昨秋オープンしたThe Okura Tokyoなど、世界の名だたるホテルのバンケット事業を手がけている。

今でこそセンスのいいフラワーアレンジメントの主流である、少ない種類の花をワントーンのグラデーションで魅せるスタイルは、ジェーン・パッカーによるもの。

嬉しいことに、ヴァレンタインシーズンにその手法を学びながらアレンジメントを製作できる貴重なワークショップが開催される。オリジナルのハートボックスを使ったモダンでドラマティックなアレンジメントで、愛を伝えてみては? またワークショップ後には、ヴァルカナイズ・ザ・ティールームの紅茶とスコーンのサービスも。

またワークショップが開催されるヴァルカナイズ・ロンドン青山店では、2月14日までの期間中、プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントを限定販売。“Something Red”のギフトを贈るブリティッシュ・スタイルのヴァレンタインを、パートナーだけでなく、家族や友人とも楽しんで。

会期/2020年2月7日(金)・2月8日(土)
開催時間/各日13:00〜15:00 、16:00〜18:00の2回
会場/ヴァルカナイズ・ロンドン青山店
住所/東京都港区南青山5-8-5
料金/¥11,000(紅茶とスコーン代込み)
※要予約。(2月4日(火)以降はキャンセル不可)申し込み、
※詳細はヴァルカナイズ・ロンドン 公式オンラインショップにて。
URL/www.vulcanize.jp/lifestyle/janepacker_valentine2020/

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi ファッション エディトリアル・ディレクター。モード誌から女性誌、ティーン誌まで幅広い雑誌での編集経験を持つ。2017年秋より『Numero TOKYO』に参加し、ファッション・エディトリアル・ディレクターも務める。モードをリアルに落とし込むことを得意とし、著書に『スタイルのある女は、脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する楽観主義者。趣味はサッカー観戦。

Recommended Post

Magazine

ec

Decmber 2020 N°142

2020.10.28発売

Pleasure

私の密かな喜び

オンライン書店で購入する