482
Culture Art

アーキヴィスト 柳本浩市さんが残してくれたもの

 

アーキヴィスト(ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイヴをつくり、未来へ発展させていく人)、柳本浩市さんの遺品展示へ。

3歳 サブカルにはまる。ピンクフロイドの来日コンサートへ行く

5歳 現代音楽に興味をもつ。漫画の購入は基本的に初版本にする。

6歳 友人の父などにブルーノートのレコードを売り始める

7歳 飛行機のチケット、映画のチラシ、海外の食品パッケージを収集

8歳 古着のジーンズ、資料、牛乳瓶の蓋、切手、アール・デコの小物を収集

10歳 イームズの椅子などアメリカの50年代の家具を集める

11歳 ビンテージジーンズのコレクションが2万本をこえる

12歳 オリンピック物、コムデギャルソンの服、宝くじ、栞、アフリカのフォークアートを収集。はじめてオークションに参加
.

.

自身を変な子供だったと言うほど、生まれ持ってのこの収集癖(才能)。

なかでも面白かったのが、リビング横の11畳の資料室に収められていた未整理の収集品。箱のなかに詰められ保管されていた収集品は一見雑多に入れられただけのように見えたけど、柳本さんにしかわからない一種の規則性があるよう。生活雑貨からパンの袋、マドラーなどなど、異常な数が並ぶ。これだけのコレクションがあり、柳本さんにとって収集するものと収集しないものの境界線はどこだったんだろう? と疑問が浮かびました。

IMG_6801

IMG_6805

IMG_6834

 

雑誌や写真集、ぬいぐるみ、ハンバーガー、旅先のレシートなど、ちょっとだけ収集癖のある私ですが、なんだか肯定され、この収集癖を後押ししてくれる展示でした。

開催は明日(!)まで。柳本さんが遺してくれたコレクションの数々は必見です。

 

柳本浩市展「アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの」

会期: 2017年4月29日(土)~6月4日(日) 会期中無休
開場時間: 12:00-18:00
会場: six factory 東京都目黒区八雲3-23-20

 

IMG_6824

IMG_6818

IMG_6826

IMG_6840

Profile

大井文香(Fumika Oi)ジュニア・エディター。大学在学時より出版社にて編集アシスタントを経験。2012年より『Numero TOKYO』に参加。ファッションやカルチャーの特集や、新商品紹介ページを手がける。幅広くアンテナを張り日々勉強中!! 蜷川実花が撮影する「裸のオトコ」、「クリエイターのペット写真館」などの連載企画も担当。ここ数年プライベートでハマっていることは、コンパクトフィルムカメラでの撮影。今年の夏は、SUP(スタンドアップバドルボード)に挑戦する予定! 愛犬家♡

Recomended Post