Food / Feature

初夏を彩るシャンパーニュ&キュイジーヌを

食通のゲストセレクターを迎え、いま注目の“食の世界”をおすすめのレストランとともに紹介するフード連載。Vol.10は、飲食を中心としたライススタイル系PRを手がける近藤敬子が、シャンパーニュと季節の食材を楽しめるレストランをピックアップ。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年7・8月号掲載

「毛蟹と大根 根菜のコポー オード トマトのジュレ」と、黒ぶどうにこだわった「アンリジロー コード・ノワール ブリュット」。/フィリップ・ミル 東京(ディナーコースより)
「毛蟹と大根 根菜のコポー オード トマトのジュレ」と、黒ぶどうにこだわった「アンリジロー コード・ノワール ブリュット」。/フィリップ・ミル 東京(ディナーコースより)

旬を味わう、旬を楽しむ

「旬」という言葉が大好きです。季節に合わせた食材をいただけるのは、四季のある日本ならではの贅沢な楽しみだと思います。

旬のものをいただくと、食材たちが一番おいしいピークをここぞとばかりに表現してくれる気がして、体中にパワーがみなぎり、心の底から幸せになります。だから季節を感じられるメニューを味わい、その気分を共有できるお店がお気に入り。

シャンパーニュもしかり。お酒好きとしては昔からおいしくいただいていますが、仕事で関わるうちに、背景も含めて理解が深まりました。その年ごとの、ブドウが一番おいしいときを見極めて閉じ込め、アッサンブラージュ(※)してじっくりと熟成した後、まさに飲み頃「旬」の状態で届けてくれる職人技を知るにつけ、より愛すべきお酒になりました。

私自身の「旬」の季節の夏に向かってワクワクするこの時季、シャンパーニュと旬の食材を旬のスポットで味わう幸せを感じます。

※異なる品種や、異なる畑のキュヴェ(ワイン原種)をブレンドすること。

料理に合わせてソムリエの椨賢太郎さんがセレクトするシャンパーニュとのマリアージュ。スペシャリテ「赤ワインを纏った半熟卵 男爵芋のニョッキ クレソンのクーリーと共に」には、なめらかでエレガントな余韻をもたらす「アンリオ キュヴェ・アンシャンテルール」を。
料理に合わせてソムリエの椨賢太郎さんがセレクトするシャンパーニュとのマリアージュ。スペシャリテ「赤ワインを纏った半熟卵 男爵芋のニョッキ クレソンのクーリーと共に」には、なめらかでエレガントな余韻をもたらす「アンリオ キュヴェ・アンシャンテルール」を。

フィリップ・ミル 東京

シャンパーニュ地方のシャトー「ドメーヌ・レ・クレイエール」の2つ星レストランで総料理長を務め、国家最優秀職人賞(M.O.F.)を受賞したフィリップ・ミル氏。来日するたびに素材の産地に足を運び、日本の四季やテロワールをメニューに取り入れている。

ペリエ ジュエをバイ・ザ・グラスでも愉しめる「ペリエ ジュエ シャンパーニュガーデン」が6月30日までオープン。
ペリエ ジュエをバイ・ザ・グラスでも愉しめる「ペリエ ジュエ シャンパーニュガーデン」が6月30日までオープン。

東京だけの特別な一皿に合わせるシャンパーニュは現在約140種類を揃え、前菜からメイン、デザートまで、グラン・キュイジーヌをシャンパーニュとのペアリングで楽しめる。シャンパーニュラバーなら絶対に見逃せない。

店内のダイニングや個室から、緑豊かなガーデンテラスが見渡せる。
店内のダイニングや個室から、緑豊かなガーデンテラスが見渡せる。

住所/東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
営業時間/11:00〜14:00(L.O.)、17:30〜21:00(L.O.)
定休日/無休
コース/ランチ¥3,800〜、ディナー¥8,000〜(税・サービス料別)
TEL/03-5413-3282 
URL/www.hiramatsurestaurant.jp/philippe-mille/

「デラウェアとボタンエビのタルタル」には、キレのある酸味の「ジャン・ルイ・ヴェルニョン ミュルミュル ブリュット・ナチュール ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュ」(グラス¥1,800)を。
「デラウェアとボタンエビのタルタル」には、キレのある酸味の「ジャン・ルイ・ヴェルニョン ミュルミュル ブリュット・ナチュール ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュ」(グラス¥1,800)を。

CRAFTALE(クラフタル)

「提供された瞬間の驚きと、口に入れて思わず笑顔がほころぶ料理を」という大土橋真也シェフ。生産者とのつながりから生まれる繊細で美しい一皿と、ソムリエの若山程映さんがセレクトするワインやシャンパーニュ、できる限り手作りするというパンなど、テーブルの上に「CRAFT(手技)」が紡ぐ「TALE(物語)」が広がる。

住所/東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
営業時間/11:30〜12:30(L.O.)、18:00〜20:00(最終入店)※ランチは土・日のみ
定休日/火・水
コース/ランチ¥7,000〜、ディナー¥10,000〜(税・サービス料別)
TEL/03-6277-5813
URL/www.craftale-tokyo.com

塩漬けレモンの皮や大根の花を添えた「イサキと大根のミルフィーユ仕立て」に、「クレモンペルスヴァル ブラン・ド・ブラン ブリュット」(ボトル¥12,000)を合わせて。
塩漬けレモンの皮や大根の花を添えた「イサキと大根のミルフィーユ仕立て」に、「クレモンペルスヴァル ブラン・ド・ブラン ブリュット」(ボトル¥12,000)を合わせて。

SUBLIME(スブリム)

フレンチと北欧を掛け合わせたイノベーティブ・フュージョンの「スブリム」は、料理のプロもヒントを求めて通うお店。加藤順一シェフは日本各地の食材と、フレンチや北欧のテクニックやプレゼンテーションを組み合わせてオリジナリティ溢れる美しい一皿に昇華。繊細な調理と斬新なアイディアで、一口ごとに驚きが生まれる。ヴィンテージの古いワインも充実。

6名定員の個室あり。
6名定員の個室あり。

住所/東京都港区東麻布3-3-9 アネックス麻布十番1F
営業時間/12:00〜13:00(平日のみ)、18:00〜20:00、日 18:00〜19:30(いずれもL.O.)
定休日/月
コース/ランチ¥4,500〜、ディナー¥12,000(税・サービス料別)
TEL/03-5570-9888
URL/www.sublime.tokyo

Photos : Yufuko Uehara(フィリップ・ミル 東京) Shuichi Yamakawa Text : Miho Matsuda Edit : Yuuka Shiomi

Profile

近藤敬子Keiko Kondo フリーランスPR。広告代理店、女性だけのPR会社にて化粧品・ラグジュアリーブランドなどのPRを経て独立。現在は大好きな食に関わる幸せをかみしめながら、シャンパーニュ、スイーツなど飲食を中心としたライススタイル系PRを手がける。
汐見優佳Yuuka Shiomi コントリビューティング・エディターほか、フリー編集者、ライター、PR、プランナーとしても活躍。ボストン、東京、NYでの生活を経験し『Numero TOKYO』創刊時より編集に参加。ラグジュアリーライフ系が得意。本誌連載「今月のディッシュ」では東京の“食”シーンをアート&最先端のクリエイションという目線でセレクト。趣味はアスリート研究。幼少期から本格的にレッスンを続けていたフィギュアスケートには一言あり。シベリアンハスキーの娘を迎え愛犬家ライフをエンジョイ中。

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する