Fashion / Feature

田中杏子のリアル・モード「wear yourself」

現代の多様な女性像を写し出し、それぞれの個性を引き立たせるカラーやシルエットが揃った2021年リゾートコレクション。美しいディテールで存在感溢れるスタイルを田中杏子がピックアップ。自由なマインドで、あなたらしいファッションを謳歌して。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年1・2月合併号掲載)

genuine mode
wear yourself

ドレス¥305,000 パンツ¥86,000 カチューシャ¥36,000 シューズ¥110,000(すべて予定価格)/Miu Miu(ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993)
ドレス¥305,000 パンツ¥86,000 カチューシャ¥36,000 シューズ¥110,000(すべて予定価格)/Miu Miu(ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993)

フェミニニティが際立つニュースタイル

強く生き抜く女性の輝きを、激動の現代へと蘇らせたミュウミュウ。ビッグカラーが特徴的なドレスに、あえてラフなショートパンツを組み合わせ、新たなムードを生み出した。煌めくビジューのカチューシャで、顔まわりにアクセントをプラスして。

ドレス¥295,000 シューズ¥102,000/ともにGucci(グッチ ジャパン 0120-99-2177)
ドレス¥295,000 シューズ¥102,000/ともにGucci(グッチ ジャパン 0120-99-2177)

フラワーを味方に解き放たれた瞬間

アトリエスタッフをモデルに、予測不可能で不完全な美を、アレッサンドロ・ミケーレならではの解釈で発表したグッチ(Gucci)。60〜70年代に活躍したデザイナー、ケン・スコットのアーカイブから取り入れた、カラフルな花々を描いたプリントドレスは、個性を発揮したスタイルへの賞賛を思わせる。

ジャケット¥230,000 シャツ¥64,000 パンツ¥90,000 シューズ¥96,000(すべて予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819)
ジャケット¥230,000 シャツ¥64,000 パンツ¥90,000 シューズ¥96,000(すべて予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819)

再解釈から生まれる新たな可能性

ブランドのハウスコードであるチェックを大胆に使用した、バーバリー(Burberry)のセットアップ。マリーゴールドイエローをベースに、洗練された仕立てとストリートウェアの融合で新鮮なスタイルを提案した。

トップ¥150,000 スカート¥130,000 パンタレギンス(参考色・仕様変更有り)¥308,000/すべてBalenciaga(バレンシアガ クライアントサービス 0120-992-136)
トップ¥150,000 スカート¥130,000 パンタレギンス(参考色・仕様変更有り)¥308,000/すべてBalenciaga(バレンシアガ クライアントサービス 0120-992-136)

コントラストカラーで主張する個性

リアリティのあるビッグシルエットで、パーソナルな創造性を反映させたバレンシアガ(Balenciaga)。対照的なカラーコンビネーションによって、エネルギッシュな都会の女性に、グラマラスな輝きを与える。

シャツ¥140,000 ベスト¥200,000 パンツ¥360,000(ともに参考価格) ピアス¥140,000 ベルト¥98,000 シューズ¥105,000/すべてDior(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)
シャツ¥140,000 ベスト¥200,000 パンツ¥360,000(ともに参考価格) ピアス¥140,000 ベルト¥98,000 シューズ¥105,000/すべてDior(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

自然が紡ぎ出すロマンティシズム

イタリア・プーリア州の伝統と工芸にインスパイアされたコレクションは、ディオール(Dior)らしいロマンティシズムで解釈されていた。花や植物などがプリントされ、カラーコンビネーションが美しさを際立たせるルックは、幻想的世界へと誘ってくれる。

ドレス¥470,000/Saint Laurent by Anthony Vaccarello(サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746)
ドレス¥470,000/Saint Laurent by Anthony Vaccarello(サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746)

日常に秘めたセンシュアルな魅力

エレガントなポルカドットプリントのミニドレスは、サンローラン(Saint Laurent)から。モノトーンカラーに映える肌が、ミステリアスに輝きを増す。シンプルなカラーリングだからこそ、私たちに自信を与えてくれるドレスを纏って、時代を駆け抜けたい。

田中杏子のリアル・モードをもっと見る

Photos:Mitsuo Okamoto Fashion Director:Ako Tanaka Hair:Kenshin Makeup:Tomohiro Muramatsu Edit & Text:Shiori Kajiyama

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する