468
Lifestyle Restaurant

帝国ホテルのバーで芳醇なカクテルと心地よい時間を満喫

今月のディッシュvol.100は「ラグジュアリーホテルバー」をテーマに、おすすめの3軒をご紹介。(「ヌメロ・トウキョウ(Numeo TOKYO)」2018年1・2月号掲載

Photo : Masahiro Goda Text : Mika Kitamura Edit : Yuuka Shiomi

ホテルバーは特別な空間。敷居が高いと思われがちな一流ホテルバーも、楽しみ方・オケージョンで世代を問わず充実の人気。ランチタイムから通しで営業しているメインバーは、サンドイッチや軽食などラグジュアリーホテルの味を気軽に楽しめる、超穴場。ひとりでも行ってみたい!ホテルバーの、身近な最新楽しみ方をご紹介。


ハイボール ¥2,200、オリジナルカクテル・ティンカーベル ¥1,630、アメリカンクラブハウスサンドイッチ ¥2,160

オールドインペリアルバー 帝国ホテル 東京
熟練バーテンダーによる多彩な味わいのカクテル

ホテルは人を育ててくれる、と話してくれた人がいる。彼は20代からホテルに通い、バーではバーテンダーにお酒と会話を学んだという。そうなのだ。バーは学びの場でもある。通うなら、一流ホテルのバーがいいだろう。

帝国ホテルのバー「オールドインペリアルバー」は、おいしいお酒、いつ訪れても変わらない落ち着いた雰囲気……何よりうれしいのが、バー初心者にも心地の良いサービスだ。何を注文すればよいかわからなくても「食前、食後か」「アルコールに弱いのか強いのか」「お酒の好み」などを伝えれば、おすすめを教えてくれる。最近、最も人気の高いのがハイボール。ほかにはビールやシャンパンの注文が多く、以前よりもカクテルを頼む人が少なくなってきているが、カクテルはプロの技によって、お酒の多彩な味わいを発見できる魅惑的な飲み物なので、ぜひトライしてほしいと、熟練バーテンダーの鏡さんは話してくれた。そしてここは軽食も充実。サンドイッチの定番「アメリカンクラブハウスサンドイッチ」は、鶏を一羽丸ごと焼いたローストチキンをマヨネーズで和え、トマトとベーコンの3段重ね。サンドイッチの高さは4.5㎝と決まっている。女性でもひと口で食べられるサイズだ。夕方からは満席が続くが、お昼はゆったり一人ランチに、打ち合わせに。一流のホテルバーの楽しみは広く深い。

帝国ホテル 東京「オールドインペリアルバー」
住所/東京都千代田区内幸町1-1-1 本館中2F
TEL/03-3539-8088
エイギョウジカン/11:30〜24:00(L.O.)
定休日/無休
URL/www.imperialhotel.co.jp/

Recomended Post