093
Culture Post

2011年11月のおすすめの本をご紹介

『残響 中原中也の詩によせる言葉』
町田康/著

ダダイストとパンク詩人による、言葉の共鳴
30歳で夭折したダダイスト詩人・中原中也。彼が遺した詩篇に触れた「現代最強のパンク詩人」が、自らの言葉で57篇の世界を詠った本書。人の心の永遠不変を描く、異才たちによる時空を超えた言葉の交わり。普段、詩編を読まない人にこそ手にして欲しい。
¥1,470(NHK出版)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

いいね!

Recommended Post