Culture / Post

2010年12月のおすすめの本をご紹介

『蜜の証拠』
サルワ・アル・ネイミ/著
齋藤可津子/訳

古典性愛書を通じて明かされる、イスラム文化の本質
自国の古典性愛書と出会ったパリに暮らすアラブ人女性図書館司書が、それを試した男性との関係を語る告白小説。肉体の交わりを通して明かされていくのは、本来は自由で豊かであったアラブ・イスラムの文化的世界。ステレオタイプを吹き飛ばす、衝撃の物語。
¥1,890(講談社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する