Culture / Post

2009年10月のおすすめの本をご紹介

『クーデタ』
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 II-05/ ジョン・アップダイク/著 池澤夏樹/訳

米文学の巨匠が綴った、米国化する世界への警鐘
アフリカの砂漠の国の政権をクーデタで奪い、米国の援助を拒絶して独立国家の創設を目指す大統領。だが先王、妻と愛人、有能な内務大臣、米国やソ連との駆け引きの中で次第に自由を奪われていく。冷戦時代のアフリカを舞台に、米国化する世界を描いた傑作。
¥2,520(河出書房新社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する