Culture / Post

2009年9月のおすすめの本をご紹介

『「文学」の精神分析』
斎藤環/著

精神科医ならではの視点で展開される作家論
精神科医・批評家として知られる著者が、さまざまな媒体で発表した文学批評をまとめた一冊。宮澤賢治にはじまり、村上龍、桐野夏生、金原ひとみ、清涼院流水…あらゆる文学家の作家論を独自の視点で展開。文学と精神分析の深い関係を、あらためて感じさせられる。
¥1,890(河出書房新社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する