Culture / Post

2009年7・8月のおすすめの本をご紹介

『ゼロの王国』
鹿島田真希/著

馬鹿馬鹿しい、けど美しい。めくるめく会話のドラマ
宛名書きという、ただ文字を書く仕事を続ける「聖なる愚か者」吉田青年をめぐる馬鹿馬鹿しくも、美しい精神のドラマ。連載中から話題になっていた、舞台のような会話文がひたすら続く表現方法だけでなく、そのボリュームにも驚かされる、実に衝撃に満ちた一冊。
¥2,940(講談社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する