513
Culture Post

宋美玄 × 田中みな実が対談! 欲張りな私たちの今どき幸せ論

free-thinking generation
free-thinking generation
仕事も恋も結婚も出産も、選択肢の増加により現代女性の生き方が多様化している。その中でもコントロールできないのが妊娠と出産。女性が人生において考えておくべきポイントとは? これから結婚、出産を考える働く女性の代表としてフリーアナウンサーの田中みな実が、女性の性や妊娠について積極的に啓蒙活動を行っている産婦人科医の宋美玄(そん・みひょん)に直撃。女の人生を左右する妊娠と出産について話を聞いた。(Numéro TOKYO 2015年9月号掲載

出産のリミットに翻弄される女性たち

──いま宋先生が気になっている現代女性の傾向はありますか?

宋美玄(以下S)「以前であれば、女性は結婚して家庭に入り、子どもを育てることが一般的でしたが、今はそうではないですよね。私は39歳ですが、この年代になると不思議なことに『産んでおかなくていいの?』『もう一人産まなくていいの?』と焦り出す人が増えてくるんです。『出産は女の証し』『女は産んでこそ』という固定観念にどこか呪われているような気がします」
田中みな実(以下T)「きっと周りからの期待やプレッシャーもあるんでしょうね。一方で、芸能人の高齢出産がメディアで取り上げられることも多いし、私自身、今後の医学の進歩で40歳でもすぐ産めるんじゃないか、とどこかで思っているんですよね。私は今年29歳のアラサー世代で今は仕事を頑張りたいのですが、卵子の老化はやはり気になっています。今のうちに卵子凍結をしておけば、45歳くらいまでは大丈夫なのでしょうか?」
S「一応、子宮に戻すのは45歳までとはいわれていますが、やはり受精卵と未受精卵では成績が違いますね。29歳で未受精の卵子を10個凍結しておけば、まあ一人くらいはできると思うけれど、保存には毎年10万円はかかるはず。かといって、卵子の老化に怯える若い子たちが手近な男で妥協してしまうのはすごくもったいない!」
T「保存費用のことを聞くと『この人かなあ?』と思う相手と結婚したくなるのは理解できるような…」
S「3年前にNHKの番組でようやく大々的に報じられた『卵子老化』の衝撃により、当時ものすごい数のメディアから女性の産み時についてのコメントを求められたんです。40歳で産めるのは一部のラッキーな人なんだけれど、35歳であればほとんどの人が産めるわけです。でもあの番組以降、35歳を過ぎたら出産は難しいかのように思われていますよね。私が最初の子を出産したのも35歳のときでした」

Recomended Post