拡大版のプライベートスナップも! 鈴木えみの新しい一歩 | Numero TOKYO - Part 3
Beauty / Post

拡大版のプライベートスナップも! 鈴木えみの新しい一歩

Numero TOKYO 77号 鈴木えみビューティ
Numero TOKYO 77号 鈴木えみビューティ
7. 友達でミュージシャンのBENIと。遊んだ日にしていた格好がかぶって、思わず記念撮影!
8. 今回のヌメロの撮影のメイク中に自分で撮った1枚。UDAさんのメイク、大好きです!
9. 先日イベントに出演させていただいたときの控え室にて。
産後初のイベントで、久しぶりにファンのみんなと会えて嬉しかったです! 友達も見にきてくれました。
10. 「mame」の展示会でファーのネックウォーマーを試着。今年の秋冬はモスグリーンが気になります。
11.最近のマイブームは鉱物。休みの日に鉱物の祭典に行ったり。キレイな石を集めて、ひたすら眺めてはやされています!
12. お仕事でしてもらったメイク。私にとってヘアメイクは「鎧」でしたので、3、4年前くらいからやっと
ナチュラルメイクの自分を受け入れられるようになりました(笑)。
13. WEARというアプリのCM撮影のとき。作り込んだヘアメイクはやはりテンションが上がります。
ファッションもヘアメイクも、変身させてくれる魔法なので! うれしい、たのしい、だいすきです。
14. プライベートでは、下まつげにカラーマスカラを塗るのにハマってます。
ブルーが奇抜すぎず、いい具合なニュアンスを出してくれます!
15. お肉が大好き!! 毎食お肉がないとイヤなくらい…。写真は「芝浦」という焼肉屋さんの贅沢なご飯。
肉、ウニ、イクラ、最高です♡

鈴木えみ(すずき・えみ)

1985年9月13日生まれ。中学2年生の時に雑誌『Seventeen』の専属モデルに。その後、雑誌『PINKY』の専属モデルとして活躍。2011年、「女の子として生まれたことを最大限に楽しむための“Hiカワ”Fashion Book」というコンセプトで『s’eee』を創刊、編集長を務める。ファッション、ビューティだけでなく、ガジェットやカルチャーに造詣が深い彼女ならではのハイセンスな情報は感度の高い女性たちを刺激する。’13 年に結婚、出産を経て、現在は1児の母に。女性として新たな一歩を踏み出し、さらに注目が集まる。

 
Photos:Emi Suzuki Edit:Hisako Yamazaki

▶ 最初のページへ
▶ 掲載号の中身をチェック!

Profile

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する