04
Culture Post

Numero TOKYOおすすめの4月の本

あまたある新刊本の中から、ヌメロ・トウキョウが、読むべき、とっておきの3冊をご紹介。

『ミライミライ』 
著者/古川日出男  
価格/¥2,300
発行/新潮社

作家デビュー20周年を飾る、改変歴史×音楽小説

ソ連統治下の「むかし」の北海道で、抗ソ組織を短歌で煽動する司令官。連邦国家の「未来」の日本で、人々を道産ヒップホップで魅了する若者。MCの誘拐事件を機によられていく、異なった時間軸の物語が現出させる壮大な世界。歴史と音楽を幻視する圧倒的長編。

book2
book2

『ありがとうって言えたなら』 
著者/瀧波ユカリ
価格/¥1,000
発行/文藝春秋

「母の死」を真正面から描く、瀧波ユカリの新境地

美しく、気高い母に突然下された、すい臓がんと余命1年の宣告。心を閉ざす母との不和、仕事と育児を抱えながらの介護によるストレスなど、最期の日々をリアルに描いたコミックエッセイ。単なる美談ではないからこそ心に深く響く、笑いあり涙ありの感動作品。

book3
book3

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』 
編者/ケン・リュウ 
訳者/中原尚哉、大谷真弓、鳴庭真人 
価格/¥1,900
発行/早川書房

現代中国SFの旗手たちが放つ、珠玉の13編

『紙の動物園』の著者であるケン・リュウが編纂・英訳した現代中国SF選集を翻訳。「検閲制度を通過するためにいくつか変更点があった」原作を、英訳により本来の形に戻した「沈黙都市」など全13編を収録。世界が注目する中国SFの最前線に触れられる一冊。

Text:Miki Hayashi

Recomended Post