猫星ラピスが占う、2024年6月22日〜7月22日 「蟹座シーズン」の天体観測&12星座の運勢
Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2024年6月22日〜7月22日「蟹座シーズン」の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”からの動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。蟹座シーズン「2024年6月22日〜7月22日」までをお届け。

【目次】
今月の天体ちゃんたちの動き
天体ちゃんたちからのメッセージ
12星座別、今月の運勢

2024年6月22日〜7月22日「蟹座シーズン」の天体ちゃん観測

夏至から真夏にかけて変化が加速!
珍しい同星座での二度の満月もあり

太陽は蟹座へ。夏至を迎え、ここから少しずつ昼の時間が短くなっていく。夏気分は上昇し、金星が獅子座に入る7/12には早くもバカンスムードに染まりそう。6/22と7/21の二度の満月は山羊座で起こり、新しい時代へ進むための「けじめ」の儀式が繰り返される予感。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
6/21に蟹座にチェック・インして、毎年恒例だけどこの日がいわゆる「夏至」となります。牡牛座、双子座の次が蟹座なのはもちろんなんだけど、2024年は牡牛座の季節に太陽と木星(どちらもおめでたい星)が接近、双子座に入ると今度はこの星座で太陽と木星が接近、という異例のお祭りが続いていたので、蟹座の季節はそれと比べると意外と地味かも。とはいえ、風の時代に本格突入した世界は日々刻々と軽やかさと楽しさを増していくから、湿っぽいことは言っていられないんだ。蟹座は大雨と日照りが交互に続くことが例年多いけれど、このことによってスイカやメロン、冬瓜などの「ウリ科」の植物が巨大に成長していくんだよね。スイカの大きさって木星的でもあるけど、蟹座はどちらかというと木星的な性格も持っていんだ。そのわりには、天候の変化や湿気にやられて、楽観性を失ってしまう人も多いんだけどね。「対話」が重要となる新時代、蟹座のコミュニケーションは「共感」「共鳴」「同情」が大切。仕事でも恋愛でも攻略したい相手に蟹座的な資質があったら、思い切り共感してあげるといいね。

お月さま
6/22に山羊座で満月、7/6に蟹座で新月、そして7/21には再び山羊座で満月となるレアな2024年。蟹座シーズンの最初と最後に同じ星座で満月が起こるわけだから、「このテーマはきちんと卒業すること!」と教科書にアンダーラインを引かれているような気分になるわよね。6/22の新月で月はホームである4ハウス=家庭のハウスにいて、10ハウス=社会性のハウスには太陽・金星・水星がそろっているわ。7ハウス=パートナーのハウスの海王星はこれに対してTスクエアという緊張の配置をとっていて、たとえばプライベートと仕事との板挟みが、何かの終了をもたらしてくることもありそうね。7/21の満月も強力で、こちらは月が12ハウス=無意識のハウスで冥王星とほぼ重なっているの。6ハウス=仕事のハウスで太陽は孤立しているのも意味深ね。どの星座も「労働の意味」と「忙しさの意義」について考えてしまうことがありそうだわ。山羊座満月ということが「山羊座時代の終わりを具体的に体験する」ということでもあるわね。7/6の蟹座新月はそれに比べると穏やかなムードで、太陽と月のセットに金星が接近していて、複数の天体が蟹座の月を応援するポジションにいるわね。愛と美のために仲間たちと手を取り合って新しいことをスタートさせるのにふさわしい日だわ。ちょっと思い切った行動が現状をぶち破ってくれる日でもあるわね。

水星坊や
6/17に蟹座に進んだボクは、7/2には早くも獅子座に入り、7/26には乙女座に進んでいく予定だよ。8/5からは結構長めの逆行が始まるから、この一か月間はよりスイスイとスムーズな流れを感じる日々になりそうだね。蟹座滞在シーズンは、「真似」から入る学習が進むときだから、語学学習なんかを始めるのにはベストな時期だね。忍耐の星・土星も吉角にいて、長い時間集中して学ぶ力も身に着けてくれるよ。7/2からは、ファッションでも生き方でも言葉遣いでも「自分らしさ」というものにフォーカスしていく時期に。目立ちたい! という気持ちも高まるときだけど、あくまでもハイセンスにね! 7月初旬の水星は冥王星と緊張の配置をとるから、この期間は特に毒舌にも注意してね。言葉って、一瞬で何かを実らせる代わりに、一瞬に粉々にもしてしまうからね。

金星ちゃん
6/17から蟹座にいる私。7/12には獅子座にシフトして、次の乙女座に進むのは8/5だから、前半は蟹座気分で、後半は獅子座気分で楽しみを味わっていくわ。7月上旬までは太陽の王様の加護のもとにいて、何かとメジャーで目立つことも増えていきそう。蟹座金星の魅力って綺麗よりカワイイ、クールビューティより「愛嬌」ですからね。双子座・木星とのセットで「わかりやすいキャラクター」でいた方が人気もお金も寄ってきやすいわ。最初から複雑な心を見せていっても、実際のところみんなはチンプンカンプンなのよね。だからちょっと、自分を「キャラクター化」してみるのもいいかも。7/12以降は、目立ちたがりな面が12星座ともムクムク顔を出してきそうよ。夏だし、ファッションも派手目のもののほうが気分も上がりそう。イミテーションの大きなコスチュームジュエリーをつけて、ちょっと80年代風のコーディネートを楽しむのもおすすめね。

火星くん
6/9に牡牛座にシフトして以来、しばらくここで活躍するボク。次の移動は7/21だから、しばしひと休みって感じだね。牡牛座の火星って、そんなに活発な動きを見せないから…でも、7月に入ると次第に天王星じいやが軌道上で接近してきて、ボクの動きに火をつけてきそう。そうなると、なかなかゆるっと優雅に過ごすことも難しくなってくるね。なんといっても、7/21から双子座に入ることで、ボクは大忙しになるんだ。木星どんとの相乗パワーで、世の中の色々なシステムを変えることに奔走するからね。この季節は、慎重でありつつ、自分の中で無駄に重くなっているものを見つけ出して、それを捨てたりチェンジしたりする期間になると思う。特に7/6の蟹座新月のあたりは、ボクと天王星じいやの接近度もかなり近くなるから、みんなの仕事や恋愛にも、インパクトのある変化が起こるかも知れないよ。

木星どん
5/26に幸運星であるわしが双子座に入ってから、色々なことが素敵になったと思わない?なんだか、人々のマナーがよくなったり、公共施設やさまざまなサービスが合理的になったり、怒っている人が以前より少なくなってるような気がするんだけど(笑)。気のせいかな?「マネー」のあり方は、確実に5月と6月では変わっているよね。小さいお財布を持つ人が増えて、「長財布がいちばん」という伝説も消えつつあるし、高価なお財布が年収増加につながる、なんてことを言う人もあまりいなくなったね。お金は日々をサクサク生きるためのツールで、そこに必要以上の心理的負担を感じる必要はないってことで、トレンド星である木星としては、その風潮がどんどん広まることで平和がやってくればいいと思ってるよ。カフェや居酒屋でも画面タッチでのオーダーが多くなったけど、今まで通りがいいっていう人にとっては、きつい時代かも知れないね。でも、これは良いとか悪いとかということではなくて「便利になった」と割り切って、アナログから脱したほうがストレスも少ないよ。あるときはアナログ、あるときはデジタル(スマート)と使い分けるのは悪くないけどね。日常の圧力を減らすには、トレンドをある程度受け入れた方がいいんだよ。

土星教授
厳しい監視星である私だけど、ここのところ他の天体君たちとは穏やかな絡みが多くて、怒ることをほとんどしていないんです。私が滞在している魚座自体、土星のストイックさとあまりかみ合わない場所なんだけど。それでも、2023年はほとんど動かなかった私も、2024年はだいぶ動きを速めて、以前とは比べ物にならない影響力を持っていると思う。6/30から11/15までの逆行期間「自分は特別だから許される」という意識をもっている存在に対して「そんなことはないよ。みんな罪を犯せば裁かれる」というメッセージを送り続けていくよ。欲望のまま生きて、モラルを無視しているような存在は、今までは許されてきたかも知れないけど、魚座・土星時代には厳しく取り締まられることになるね。でも、もはや他の天体たちの表情を見ていると、「モラルを無視する」ということ自体が恥ずかしいことに思える…そんな新しい時代にシフトしているように感じられるんだ。私としては、赤点の生徒が少なくなって嬉しいばかりなんだよね。戦争は早く終わって欲しいけど…。

天王星じいや
地震雷火事親父・そしてもっと刺激的なのはわし、天王星じいやです。びっくり星として世の中の「予想だにしなかった変化」をバックアップしているわしなんだけど、今シーズンは火星くんがわしと同じ星座に入っているということで、ドキドキするような出来事がたくさん起こりそうな気がするんじゃ。火星も天王星もやばい星=マレフィックと呼ばれておるのだし。気を付けたいのは火事やミサイル攻撃や、集団心理的な暴動だね。牡牛座の最後のほうの度数で火星くんとは落ち合うので、地の時代のフラストレーションが爆発して、古い何かが破滅するのかも。次の時代に持ち越されないよう、悪いものはここで全部浄化されてほしいものだね。

海王星じいや
魚座滞在期も13年目になり、自分にとって居心地のいい星座とはいえ、最近ちょっとポジションを見つけづらくなっている海王星じいやです。蟹座シーズンは、前半は太陽・金星・水星と緊張の配置ながら、終わりかけのほうでは太陽といい関係に収まったり…。最近は天王星じいやともいたって良好な関係が続いていますね。でも、わしが魚座で発揮したいロマンティシズムやエモいムードは、双子座にいる木星どんの「風の時代」パワーで相殺され気味…。7/2から12/8まで、ゆらゆらと逆行していたりするし…。世の中全体がちょっとパリパリして、水気が足りなくなっているよう気もします。かろうじて、太陽が仲間の水の星座にいるこの時期、遠い海王星からロマンの波動をゆらゆら送ろうと思っています。

冥王星じいや
絶賛逆行中だけど、1月からいる水瓶座を着々と自分の居場所にしている冥王星じいやです。少し前までは太陽の王様も吉配置にいて、木星どんとは現在も最高の関係。水瓶座という風の星座にいて、200年規模で新しい時代が訪れたことをみんなにジワジワ伝えているつもりです。冥王星って、世代的な集合無意識を作るから、わしが水瓶座にいる時代は、出生の冥王星が天秤座にあった世代(1971~1984頃)の台頭が目立っていくだろうね。もう始まっているかも知れないけど、それ以前の世代とは別の「ゲーム感覚」をもって生きている世代で、このジェネレーションの特徴として妙に諦めが早かったりする。冥王星同志の意地の張り合いって、目に見えづらいだけに実はとてもややこしいものだから、水瓶座冥王星時代が求める「ニュートラルの美」を皆が思い出して欲しいもの。このまま逆行を続けるわしは、9/2には山羊座にまで戻り、また11/20に水瓶座に戻ってきます。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
果報は寝て待て、のとき。慌てて段取りをつけると、見当違いのことをしてしまうかも。自主トレ、作品作りには向いているときです。人間関係においては、かつてない大きな「学び」をしていく期間になりそう。ポジティブに。

牡牛座
アフターケアが肝心。失態はそのままにせず、全力でダメージを抑えて。当事者なのに悠長に構えていてもダメなとき。「どうしようもないこと」なんてない、と肝に銘じて。人間関係はビジネス面での利害に囚われ過ぎないで。

双子座
お祭り気分を満喫。長期的な不調が完全に吹き飛んで、あなたにコントロール権が渡されています。自然体で仕事やプライベートを楽しめるだけでなく、超幸運なチャンスにも恵まれる。他人に対してバリアを張らないこと。

蟹座
スポットライトを浴びる期間ですが、痛いところも突かれそう。心休まる仲間のサークルで安泰だった人は、違和感のある人やチームとも関わりをもつことを求められるかも。「話せばわかり合える」と信じて。体調のケアが重要。

獅子座
前半はルーティンワークでスケジュールが埋まりそうだけど、金星が獅子座に入る7/12以降、夏のレジャーにダイブできそう。例年より少しゴージャスなプランを立てるとよいでしょう。「夏祭り」のクイーンは獅子座に決まり。

乙女座
2024年は後半も葛藤の多い季節になりそうですが、今は大きな決定が出来なかったとしても「きっといいゴールに辿り着ける」と信じて。ハードスケジュールに耐え続ける必要はないので、休みを取りたいときは主張して。

天秤座
仕事面で、どうしても上位に立ちたいと思うシーンがあるようです。天秤座の社交の才能や様々な経験を活かして頂上に上り詰めることは可能。でも、それを果たした瞬間に脱力してしまうかも。日常を充実させるのも大事。

蠍座
少し前まで「確かにこの手に掴んだ」と思えたものが、少しばかり精彩を欠いて見えるかも。あなたの価値観も転換期を迎えているので、最終ゴールが変わったり、そこに一緒に向かいたい相手も変わってくるかも知れません。

射手座
スターのオーラに取りまかれています。ここ数年の地道な努力が開花し、今まで見向きもしなかった人まであなたの実力を認めずにはいられないでしょう。色々なオファーがありそうですが、最終的な決定権はすべてあなたに。

山羊座
他人に対して厳しい態度を取ったり、何か(誰か)を守るために過剰に防衛的になったりすることがあるかも。あなたの中の「恐れ」と向き合い、不必要な警戒心や責任感は手放して。あなたにはもっと楽しい時間が必要です。

水瓶座
淡々としていますが、周囲はあなたに一目を置いていて、オファー殺到まで秒読みに入っています。メンタルと外見の入念なケアを。磨けば女王にもなれる水瓶座。見えないところで自分に贅沢を許すのも、オーラパワー向上には効果的。

魚座
太陽が吉配置に入り、コミュニケーションが円滑なシーズンです。仲直りしたい人、もう一度手を組みたいビジネスパートナーにはあなたからコンタクトを。魚座の周囲を「楽しそうなこと」で満たしておくと、人は寄ってきます。

猫星ラピスの占いをもっと読む



Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する