猫星ラピスが占う、2022年6月「蟹座シーズン」の天体観測&12星座の運勢 | Numero TOKYO
Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2022年6月「蟹座シーズン」の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”からの動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。今回は、蟹座シーズンの「2022年6月22日から2022年7月22」までをお届け。

2022年6月22日から2022年7月22「蟹座シーズン」の天体ちゃん観測

夏至から真夏にかけての重要期間は、慎重さも大切

6月21日は夏至。10天体のうち9天体が北半球のプライベートのハウスにあり、この先冬至まで「自分のルーツを振り返る」「安息と安全を求める」傾向が、全星座において高まってくる。夏至図のアセンダント(上昇宮)は射手座にあり、冒険心とおおらかな態度がこれからの幸運を運んでくると暗示。唯一南半球にある太陽は7ハウスの「対人関係とパートナーのハウス」に滞在し、契約やパートナーシップ、他者との信頼、距離の取り方が継続的なテーマに。この日、火星はまだホームの牡羊座にいて、「自分の欲望に素直になる」ことを奨励していますが、それも他人や社会との調和があってこそ。自分勝手な行動や言動は、身を亡ぼすことを忘れないで。

7/5には火星は牡羊座から牡牛座へ。牡牛座で火星はパワーを発揮しづらく、天王星もそばにいるため、思い通りに力が出なかったり、突拍子もない行動を起こしがちです。土星・海王星・冥王星も逆行しているため、先を急がずにおっとりと進めていくのが良いでしょう。過去の失敗から学び、未来に生かしていくとこれまでに手に入らなかった幸福が手に入ります。

トータルでは、水と地のエレメントの天体が優勢となるため、世の中全体に「古い時代への逆戻り」感が溢れるかも。そこでも大きな学びはあります。水星は7/6から蟹座に入り、太陽と併走。コミュニケーション面では「情」「愛され」が大切になります。理屈で論破しようとしても、勝った方が損をしそう。7/14の満月はスーパームーン。この前後は極端に気が立ちやすく、精神的にも消耗しやすくなるので、アロマやハーブティーで心を鎮静化させて。アルコールよりも健康にいいものを。穏やかさこそが最高の「養生」です。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
2022年6月21日に起こるこの夏至はとても冒険心と希望に溢れていて、1年で1日のうちに一番出番の多くなる太陽の王様としても元気満タン。夏至って、毎年蟹座の季節のオープニングなんだけど、蟹座は雨と日照りの繰り返しによって、スイカなどの瓜科の植物の実が大きくなる季節だから、「自分と自分の仲良しを増やして、世界をどんどん大きくする」のに向いているね。ビックリ天体・天王星じいやも私に協力的な配置にいるから、ハプニングを味方につけて、人間関係もときには大胆にね。夏至のアセンダントは射手座。射手座の「無理が通れば道理が引っ込む」的なパワーを思い切り使っちゃうシーズンにしてもOK。

お月さま
お月さまの動きは、6/29の蟹座の新月と、7/14の山羊座の満月が大きなトピック。6/29は特に「家族・絆」のあり方を深く考えさせる蟹座で新月になるので、この前後は、あなたの「ホーム」「ホームグラウンド」について何か大きな気づきや刷新があるかも知れないわ。そして7/14の満月はスーパームーン。いつもの満月の14%大きく、30%明るいという特別なフルムーン。願い事も叶いやすい満月なので、みなさんお月さまに正しい願いを向けてみてね。もし空が曇っていても、お月さまは願いを届けてくれた人のことをちゃんと見ているから、心配しなくてだいじょうぶ。

水星坊や
5月から6月上旬にかけて牡牛座にリターンしたり、双子座に戻ってきたりしてちょっと落ち着きのないボクだったけど、今はホームの双子座にいて、7/18まではかなり安定した気分。ボクが双子座に戻ってきたからには、物事は合理的でスムーズに進んでいくし、木星どんも調和的な場所でボクを応援してくれているから「必要な情報が欲しい」と思って行動すれば、確実にその成果は上がるからぜひアクションを起こしてね。夏以降のボクの動きは迷いなくスピーディになっていくから、みんなも「新しい価値観が正しいと思ったら、とりあえず古いものが間違っていないか吟味してみよう」とトライしてみてね。

金星ちゃん
6/23から双子座にいます。私、金星ちゃんはホームである牡牛座にいるときが一番キラキラしている、という説もあるけど、双子座にいるときだってそれなりに魅力を発揮していくから、そこは期待して。水星ぼうやと一緒にいる7/5までは、皆さんの霊感はかなり強くなるはず。水星と金星のタッグは「第六感」を表しますからね。私が双子座にいる7/18までは、恋愛でも仕事でも「密で円滑なコミュニケーション」が幸運をもたらすと考えて。言わなきゃわからないことも多いのよ。「察して」では通じないかも。

火星くん
5/25から僕自身のホームである牡羊座にいたので、みんなも最近は何かとアクティヴになれたかも。木星どんも僕と同じ星座にいたから、いつもとは違う積極性を出して、スピーディに目的を果たしていった人も多かったんじゃないかな。木星どんはそのまま牡羊座にとどまるけど、僕は7/6から牡牛座に入り、8/20までそこにいるんだ。この期間は、色々物事に対して慎重になり、様子を見ながら物事を進めていくことになるね。慌てずに、自分が傷つく方向には行かないことだよ。また、ある程度は受け身でいたほうが成功率が高くなる期間ともいえるね。

木星どん
7/5まで火星くんと併走しているけど、7/6からは火星くんが離れていくので、ひとりになってちょっとさびしい気分。その上、少し先だけど7/29以降私は逆行してしまうから、前に進めておきたいことがあったら、少し勢いをつけてやってみるといいね。木星パワーは、「新しく始めること」「楽しい気分で楽観的にすすめていくこと」を応援するので、悲観的になってしまうと私の姿を見失ってしまうかも。雨の日でも、木星どんは通常運転。まあみんなそうなんだけど、私が太陽の王様とハモる7/22以降、また別の華やかな展開もありそうだからお楽しみにね。

土星教授
現在、水瓶座で逆行中の土星教授です。軽やかな風の時代がスムーズに進みそうで進まないのは、私のせいかも。水瓶座のラスト近くの度数でなかなか抜けきらない私。そんな私が皆に伝えたいのは、「今はとりあえず慎重に」「自爆しないで時を待て」ということかな。火星くんと木星どんがタッグを組む7/5までは、何かと前へ前へと急ぎがちだけど、最終的に大きな実を実らせたいのなら、細心の注意を払い続けること。私が逆行していることで、険悪な天王星じいやとはまたしても難しい関係が激化しているから、特に今は「石橋を叩いて渡れ」とアドバイスしておきたいね。

天王星じいや
金星ちゃんはわしの側から去ってしまったけど、今度は血気盛んな火星くんが側にやってきて、一触即発ムードに。とはいえ、火星くんも充分にパワーを発揮できず(牡牛座というサインにいるため)、煮え切らない出来事も起こりやすい。気になるのは経済や戦争のことだけど、ここで何か解決が起こりそうで、起こらないのかも知れないね。冥王星じいやとは良好なので、これ以上悲しい出来事が起こらないようわしも努力するつもり。土星教授とは、教授が逆行に入ってますます険悪。「苦労は背負うな」と言っても、まだまだ苦しい道を選ぶ人は多そうだね。

海王星じいや
この期間はとても大変なんだ。太陽の王様と冥王星じいやはあり得ないほどピリピリした感じなので、世の中、何が起こってもおかしくないほど危険なムード。お金の価値も未曽有の事態が来そうだし、2022年のさまざまな「膿」が早くも吹き出しそう。それを、調停してやわらげているのがわし・海王星じいやなんです。シャープすぎる事態をちょっとぼんやりさせて、「どうでもいいや」って感じにさせちゃうわし。ロマンティックな映画やドラマ、歌謡曲なんかが流行って人々はしばし現実を忘れるかも。わしはそのような働きかける星。みんなも「痛みをそのまま真面目に受け取る」ことはやめてもOKだからね。

冥王星じいや
蟹座にいる太陽の王様と水星ぼうやは、山羊座にいるわしと慢性的に180度という緊張の度数をとるため、世界情勢はかなりピリピリしてしまいそう。テレビをつけていると不安なニュースが色々聴こえてきてしまうから、いっそのこと消しちゃうのがいいのかも。この事態を救ってくれるのは、ウルトラC的な人間愛と、「変化をおそれない!」という人々の勇気だと思うよ。わしも太陽の王様も、自分を譲らない王様だから、なんとか調和をはからないとね。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
イケイケ・ノリノリ状態は7/5を境にいったん休止。勢いにまかせて取りこぼしてきたものを吟味する時間となる。7月中盤はさまざまなアクシデントに注意。感情がめいいっぱい振れたら、クールダウンをして再出発して。

牡牛座
あえて「闘う」シーンが訪れそう。あるいは、誰かの心を得るために心の中の剣を抜くのかも。勇気も度胸も求められるけれど、最終的にはそれらを正確に出したり引っ込めたりするコントロール力が重要に。慎重さも忘れず。

双子座
力を抜いて、日々起こることをエンジョイしたいとき。あなた自身でいればそれでOK。日々の不安は、抱え込まずに人とのおしゃべりの中で解決を。飲み会や食事会なども出来てくる時期なので、誘いをかけてみて。

蟹座
精神面でかなりハイテンション。テンションがMAXまで上がった後に、ひどい落ち込みもやってきそう。夏至以降は、あなたが主役であると同時に、敵から槍玉にも上げられやすいです。心強い味方を集めて防御すること。

獅子座
もうすぐ陽は昇りますが、その前に片づけなければならないことがたくさん出てきそう。現実的で事務的なことをきちんとやり遂げ、そこからバカンス等の計画を。コミュニケーション面は良好。あなたらしさが人気の的に。

乙女座
もっと向上したい、上のポジションに行きたいという思いが自然に溢れてきて、意欲的に自分を鍛えるということをしたくなってきます。今の乙女座の集中力をもってすれば、どんなこともスビーディにマスターできそう。

天秤座
プライベートの楽しみが充実。社会面では色々悩ましいことも多いけれど、今は正面から向き合い過ぎず、何か別のことで気を晴らして。髪型を変えたり、メイクを進化させたりも◎。あなたなりのパーフェクトを目指して。

蠍座
スランプ脱却のとき。今まで何度やってもなかなか越えられなかったボーダーが、ようやく壊れて「その先」に進むことができそう。精神的な穏やかさも戻り、家庭の中にも大きな喜びがやってきます。祝福のときを満喫。

射手座
日常を整え、人生を安定路線に乗せていくとき。自制心と節制がキーワードに。何事も無我夢中になって取り組むのはあなたの長所だけど、健康や「生きる」ことそのものが傷つけられては意味がありません。自分自身を知ることの大切さを学んで。

山羊座
対人関係がヒート。0か100かという極端な決定を求められるかも知れません。いつものように慎重さを忘れず、もう手放していい価値観や執着は手放して。この時期に、結構凄い人生の節目を経験する山羊座もいるかも。

水瓶座
水瓶座で土星が逆行しているため、特に後半生まれの水瓶座は「動けない・壁だらけ」という辛さを経験しているかも知れません。雨雲の上には虹が輝いているので、もう少しの我慢。小さな楽しみごとを大切にして凌いで。

魚座
魚座の奉仕精神と「与えたい」という愛が過剰になりやすく、自分自身をすり減らしてしまうかも。あなたの方で納得したつもりでも、見返りのない奉仕は続けていてつらくなるだけ。時折クールダウンしてバランスをとって。

猫星ラピスの占いをもっと読む





Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する