Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2021年7月の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”の動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。今回は、獅子座シーズンの2021年7月20日から8月22日までをお届け。

2021年7月の天体ちゃん観測
「太陽の季節がやってくる!光のパワーが意識を進化させるとき」

7/23に太陽の王様はホームである獅子座にシフト。よいものもそうでないものも明るく照らし出す太陽が、最も元気に輝く獅子座に入るこの一か月は、さまざまなことが明るみに出て、光の浄化作用を受けていく。これまで闇にまぎれていたことまでも「白日のもとにさらけ出す」太陽パワーに圧倒される日々になりそう。王者の「生殺与奪の威力」に注目。

太陽とバトンタッチするかのように、ラブリー天体・金星ちゃんは獅子座から乙女座に移動。戦いの星・火星選手も後を追いかけるように乙女座に入ります。人々の生活は、衛生管理と健康維持にフォーカスされ、初夏の少しばかり享楽的だったムードが落ち着いてきそう。肌見せファッションよりも、涼し気でありながらノーブルな雰囲気なコーディネートが好ましいとされる予感。白、黒、グレーのモノトーンの再評価。エンタメの世界では、男性も女性も細身で色白で中性的な人が注目を集めるでしょう。

火星より遠い天体の大きな動きとしては、5/14から魚座を進行していた幸運星・木星どんが、二か月半ぶりに水瓶座に(7/28)。つながりすぎた世界に秩序が戻ってくるという暗示。木星どんは「まやかし」の意味ももつ海王星じいやとともにいたため、特に木星があらわす医療について不安な状況が続いていたけれど、7月下旬からビシッとした「客観的な正論」が世の中を引き締めていきます。噂や怪情報が駆逐され、人間が健康で正しく生きるための情報が行き渡るでしょう。

7月下旬から8月上旬にかけては、太陽の王様と天王星じいやが厳しい配置となり、太陽と土星も対立。太陽・天王星のハードな配置は「痛みをともなう変革」を表し、エモーショナルな「暴動」や「反乱」も暗示している。知性の星である水星ぼうやは8/12にホームである乙女座に入り、人間たちは「考えること」「知ること」の価値をよりいっそう強く感じ、読んだり書いたりという活動が活発に。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
ようやく居心地のいい獅子座に帰ってきたわたし!風の時代になって初めてのホームへの帰郷となるね。世界的にも何かと賑やかな「祭典の季節」となるのは、決して偶然ではないと思うよ。私が派手派手に輝いているからね!

お月さま
この期間の私は珍しいうごきをします。7/24と8/22に満月になるのだけれど、これはどちらも水瓶座で起こるの。7月の満月を「一回目の水瓶座満月」、8月の満月を「二回目の水瓶座満月」とカウントしてみてね。二回目の満月には、同じサインに木星も戻ってきているから、より印象的なことが起こるかも知れないわ。新月は8/8。獅子座での新月よ。この新月もちょっとすごくて、太陽の王様とわたしのコンビが、厳しい土星教授と対立、起こりん坊の天王星じいやともハードな角度をとっているの。ちょっと未曽有の天体配置なのだけど、お月さまとしては「世界がもっとピュアで、新しくなる」という期待でいっぱいなの。

水星坊や
最近スピーディに動いているぼく。7/29には蟹座から獅子座へ、8/12には獅子座から乙女座へと移動するよ。獅子座に滞在する間は、大いにインスピレーションを与えるから、みんなも「ビビビの直観」に正直になってみてね。本能や「理屈で割り切れない感覚」を活かしてみるといいよ。8/12からは、乙女座に入るぼく。ホームの星座でもあるから、分析力や伝達力を大いに発揮するつもり。ここからは熱っぽい火星選手と一緒に活動していくので、みんなの言動もワイルドになりやすく、なおかつ批評的になりすぎることもあるかも知れない。他人を批判してしまいそうになったら、まずは冷静に長所も認めてあげることだよ。言葉にすること自体はいいことなので、優しさを忘れずにね!

金星ちゃん
太陽の王様とほぼバトンタッチする形で、獅子座から乙女座に移動。ジワジワと冥王星じいやと調和していくので、金星ちゃんの「祈りのパワー」は日々強力なものになっていくわ。愛する心と信仰心がブレンドされて、とても崇高な感情が生まれそう。火星選手もすぐに乙女座に入ってくるから、食やファッションやエンタメの世界では、共通するテイストが流行りそう。ちょっとシャイな感じの中性的なタイプのスターが人気者になるわ。食の世界では「美と健康」がキーワード。ハイカロリーすぎたり、身体にダメージを与える食材は徹底的に批判されちゃうかも。「食べ方」にも注目が集まりそうよ。

火星くん
7/30に乙女座に入るぼく。基本的にやんちゃでアクティヴなんだけど、8月いっぱいはとても慎重で、分析的な行動をする予定だよ。何事にも「原理」があり、合理的に動けばそのような結果が出るからね。石橋を叩いて渡らなかったりすることがあるかも知れないけど、今はそれほど「慎重になろうよ」と皆に伝えたいのさ。アスリートだって、筋肉のメンテナンスあってこそだからね。天王星じいやからは応援してもらえるときなので、とても冷静に「何かに向かって怒りを表現する」こともあるかも。みんなもそういう状況が訪れたら、実行してみてね。

木星どん
この季節の最も大きなニュースといえば、私が二か月半いた魚座から、水瓶座に戻ってくることと言えよう。5/14から、色々なことがアバウトになっていたし、ちょっと「他人との境界線」が「なあなあ」になる傾向があったけど、7/28から12/30までは、かなりクールに「線引き」することをおすすめするよ。冷たくなるということではなく、自分も相手も独立した輝きを保つために、クールな距離感が必要なんだ。基本的に、私はとても寛大で面白い星。ここから年末までは「世界平和」を大々的にサポートしていくつもり。今の私がリードする軽やかで自由な「風の時代」は始まったばかりなんだ。

土星教授
しばらく離れていた木星どんが私と同じ星座(水瓶座)に戻ってくるので、より存在感を増していくかも知れないね。何しろこの季節は、太陽の王様とは慢性的に対立、天王星じいやともケンカ状態(これは2021年じゅう続く星の宿命なのだよ)だから、何かとみんなからは煙たがられるかも知れない。でも、私が発するメッセージには、ぜひ耳を傾けてほしいね。厳しい時代が続いているけれど、「ルールや型を未来に向けてチェンジする」ことで、過去よりもっといい世界になるはず。古くてもいいものは残っていくから、たとえば「伝統」みたいなものにはリスペクトを忘れないでね。

天王星じいや
太陽の王様がわしにとって大変ストレスフルな場所にいるので、わしも黙ってはいられない感じじゃよ。ある種の「意識のバトル」みたいなことが色々な場所で起こりそうじゃ。この夏、いよいよ「過去のやり方で進むのはもう無理」って感じじゃな。わしは今年いっぱい土星教授とも和解しがたいムードなので、気が休まらないのう。とにかく、色々なところで反乱が起こりそう。「いい子」のままではいられない、というみんなの本能に火をつけているのは、他ならないわしなんだけどね。

海王星じいや
冷やしたわかめの三杯酢あえが美味しい季節。素敵な海藻みたいにゆらめく海王星じいやです。二か月半、わしと楽しいデュエットを奏でていた盟友、木星どんが7/28に離れてしまうので、ちょっと寂しい気分。人々を「幻想の世界」に誘うのがわしの役目なんだけど、7/28からはみんなもちょっと幻想から抜け出して、正気に戻ってしまうのかも。そんな私も、只今逆行中。木星がいなくなって、わしのエンタメパワーも少し控え目になり、少しばかりメランコリーだけど、今はゆらゆらゆらめいて瞑想するつもりじゃ。

冥王星じいや
金星ちゃんと火星選手が相次いで仲間の地のエレメントに入るので、わしは元気回復。まだまだ活躍できそうな雰囲気じゃ。ここから2年ほどは「お金」とか「起業」とか「国家」の意味を復習していくラストスパート期間になるんだけど、ここで先祖や歴史から学ぶことは少なくないと思うよ。どんどん新しくなっていく今の世界にあって、わし冥王星じいやは、最後の碇(いかり)なんじゃ。金星ちゃんと火星選手が応援してくれるこの季節は「貯蓄」と「戦略」の極意をみんなに授けていくつもり。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
みんなの「教師役」となって、成熟した視点から物事を伝える役割を担うシーンが多くありそうです。アイデアを乱射せず、考えを「先鋭化」してから伝えて。それが周囲から尊敬される秘訣です。金銭感覚について、シビアな見直しを行うことがあるかも知れません。好調だった人も、ここからは少しばかり慎重になったほうがいいようです。 

牡牛座
ごく親しい間柄だけで通用しているルールを他の場でも押し通そうとしていないかチェックを。古い役割分担も、どんどん新しくなっています。今あなたが与えられている環境も、よくよく考えると「感謝する」ことが必要。視野を広げ、つねに温かい心をもつことで、危機的状況から救われるでしょう。

双子座
頭の回転はかなりシャープ。人の「盲点」もあなたならいち早く見抜けます。専門分野では独走態勢ですが、妬みも買いやすいとき。自分の好調ぶりはあまり表に出さないほうがいいかも知れません。謙虚でいることと、必要がないときは「オーラを出さない」ことを心がけると◎。

蟹座
アップダウンが激しくなり、心身のバランスをとるのにいつもの倍の努力がいるシーズン。表向きにはかなり華やかな今のあなたですが、バックステージではややストレスがたまっているかも。外の世界の評価も大事だけど、自分で「このへんで満足しよう」というポイントを見つけることも大切。

獅子座
若々しいエネルギーに溢れ、活動的なシーズン。一度解散したチームを再結成して、新たな活動をスタートさせる人もいるよう。悲観的なニュースには気を取られないように。超ポジティブ思考があなたを救います。マスメディアはうのみにせず、自分の直観を信じて。暗いニュースは判断材料にしないこと。開運ファッションは「アクティヴ」系。

乙女座
エネルギーをもて余してしまうかも。今のあなたには広い世界で活動することが似合っています。現状が窮屈ならば、抜け道を目指して。敵は自分の中にいるのかも。これまで「現実」と信じてきた怖い世界は、もはや姿を変えているのかも知れません。乙女座の「夢見る力」を爆発させて。

天秤座
ここ1〜2年ほどの自分の足跡を振り返ってみて、望ましくない方向に来ているのなら軌道修正を。「闘う道」を選んだ人は、その影響で犠牲者が出ていないかチェック。関わり合う相手すべてを幸せにするのが、あなたにふさわしい生き方です。頑固すぎるアプローチは、自然に柔軟になっていくタイミング。

蠍座
多忙ですが、サポートしてくれる仲間にも恵まれるとき。一人で抱え込まず、周囲の力も借りてみて。7/24と8/22の二度の満月はともに安息のハウスで起こり、家族や家系についての問題が「満了」するタイミング。自分のルーツや幼少期について納得する出来事があるかも知れません。

射手座
今年に入ってから人気運が上昇しているあなたですが、ここにきてさらにワンランクアップ。憧れの人とのコラボレーションや、大きな舞台での活躍が期待されるとき。どんなときも「カッコイイ」を忘れないで。そこには、ある種の切り捨てていく美学も求められます。長く迷い続けてきた人にも、理想の進路と「成功への道」が見えてくるはず。

山羊座
かなり過去を遡って、自分自身を思い出すことがありそうです。トラウマではなく、もっと豊かなノスタルジーにつながっています。あなたが「常識」と信じていたことが大きな宝であったことに気づき、それを意識的に活用することでさらにいい展開に。頑張り続けてきた人は、少しばかり贅沢をしてみるのもおすすめ。  

水瓶座
7/24と8/22の満月はともに水瓶座で起こり、この季節は人生最大の「覚醒」が起こりそうです。7/28には二か月半あなたのもとから離れていた木星も返ってきて、先延ばしにしてきたテーマに再び向き合うことに。あなたが取り組むメインテーマとは「本当に幸福になる」こと以外にありません。邪魔する人は切り捨てて。 

魚座
5/14から魚座にいた幸運の大惑星・木星が7/28に去ると、少しばかり寂しいムードに。特に過去1か月ほどは、支配星・海王星と木星が響き合っていたため、魚座にとってはお祭りのピークでした。「祭りの後」の余韻もまた、いいものです。身の回りのものを美しくしたり、生活スタイルを整えたりするのには最高の季節。言動にはつねに礼儀正しさを。

猫星ラピスの占いをもっと読む

Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する