905
Culture Editor's Post

加島美術の七夕入札会。ここでは伊藤若冲や円山應挙が買えるんです。

七夕入札会、加島美術、和楽、伊藤若冲、

 

名品と呼ばれる数々の日本美術が購入可能だってご存知でしたか? ここ京橋にある加島美術にて、日本美術の良き理解者でありプロモーターとも言える 小学館『和楽』とタッグを組んだ七夕入札会にて、面白い絵画展?いや入札会?が開催されています。 こちらでは、歴史の教科書や展覧会で見聞きしたことのある 著名な作家や文豪たちの、実際の作品がずらりと並び、 値がつけられて売り物になっているというから驚きです。

とはいえ、七夕入札会では即購入できるのではなく、下見をし、入札(エントリー)をし、
最終的に落札額によって落札者がきまるといった流れになります。

へ〜と留まっていらっしゃるなら、まずは覗いて見てください。
伊藤若冲、円山慶挙に始まり、酒井抱一、雪舟、葛飾北斎、勝海舟・・・
日本を代表する美術作品を目の当たりに出来ます。逸品が集まっていますので、見るだけで別次元へ誘われます。

買わずとも(買えずとも)、まずは足を運んで現物を見てください。
作品の放つ異彩に目が釘付けになりますので!

七夕入札会  @ 加島美術 with  和楽
場所: 加島美術 中央区京橋3-3-2 tel:03-3276-0700
下見会 7月26日まで
入札締め切り日 7月26日まで
開札日 7月27日

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post