424
Fashion Editor's Post

リアーナもベレー帽!「Dior」ブルーの世界

編集長・田中杏子 2017-18秋冬パリコレ日記。

「ディオール(Dior)」は、濃淡あるブルーに統一されていてとても美しいコレクションでした。

Dior Officialさん(@dior)がシェアした投稿

表現されていたのは、クリエイティブ・ディレクター、マリア・ グラツィア・キウリらしいフェミニニティ。

ベレー帽が目を引きました。フロントローのリアーナも、ベレー帽!

チュールのドレスにウエストロゴのインナーを合わせるといったスタイルは、前シーズンから継続です。

素材はタフタ、オーガンジー、デニム、ベルベッドなど多様な上に、ベレー帽や、斜めがけバッグのカジュアルなスタイリングも登場し、コレクションに広がりを感じました。

彼女のコレクションからは、イタリア人らしいとも言える、厳かな世界観を感じます。これからもどんどん、彼女にしかできない「ディオール」を表現していってほしいです。

Dior
HP/dior.com
Instagram/@dior

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post