842
Fashion Editor's Post

「Lanvin」女性デザイナーらしいリアリティ

編集長・田中杏子 2017-18秋冬パリコレ日記。

「ランバン(Lanvin)」は、フレンチのエスプリが利いたコレクションにモダンさを加え、現代版フェミニニティが表現されていました。

ブシュラ・ジャラールをクリエイティブディレクターに迎え、2シーズン目となる2017-18秋冬コレクション。前回同様、HOTEL DE VILLEを会場に厳かなムードが漂う中、ショーが始まりました。

センシュアルなレース、シフォン、ラインの美しいセットアップなど、フレンチエスプリを色濃く感じるコレクション。

フラットのサイドゴアブーツや、ニットなどをスタイリングすることでモダンさを表現し、彼女が自分なりにフレンチエスプリを深く理解した上でモダンに生まれ昇華させていることがよく伝わります。

ショーの後、バックステージへその思いを伝えに行くと、ブシュラも「それこそが、私の表現したいこと!」だと語ってくれました。

彼女のコレクションは、一点一点が洗練されていて美しく、着たいと思うものばかり。

例えば、自分の持っているデニムや、ブラックパンツにスタイリングするだけで、いまの「ランバン」らしいスタイルを体現できる…。女性デザイナーらしい、好感が持てるリアリティも膨らんだコレクションです。

Lanvin
HP/www.lanvin.com
Instagram/@lanvinofficial

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post