787
Fashion Editor's Post

アンソニー・ヴァカレロの新しいアイデアが溢れる「Saint Laurent」

編集長・田中杏子 2017-18秋冬パリコレ日記。

「サンローラン(Saint Laurent)」は、クリエイティブ・ディレクターにアンソニー・ヴァカレロを迎えて2度目のコレクションでした。溢れんばかりのアイデア!! 「新しさ」がたくさん詰まっています。

まずはスタイリング。イールスキン(うなぎのレザー)とニットの組み合わせが新鮮です。

アイコニックだったデザインは、ボリューミーなアームピース。個人的にも欲しい!と今から気になっています。

くしゅくしゅっとしたフォルムのブーツもポイントになっていました。靴にポイントを置き、あえて「少しアンバランスかも?」と思わせるような、絶妙なシューズスタイリングに注目しています。

そして、今回からメンズが統合されたという新しさもありました。モデルの人数も多く、そのスケールは圧巻! これまでメンズをメインには手がけてこなかったアンソニーの提案がこれからも楽しみです。

ランウェイにはCHIHARUちゃんも登場しました! 誇らしいですね。

最後のフィナーレをモデル全員煌めくクリスタルやビジューのスタイルに統一していたのも斬新で、アンソニーの頭のなかは、新しいアイデアで溢れているんだと思います。

Saint Laurent
HP/www.ysl.com
Instagram/@ysl

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post