309
Culture Editor's Post

広島福山市の神勝寺に巨大建築出現

exhibition art

 

巨大建築の正体は、
広島福山市にある神勝寺の
禅と庭のミュージアムに建立された
名和晃平作アートパビリオン、
『洸庭 〜こうてい〜』です。

中は真っ暗な闇。そこで30分間にわたる、
名和晃平&WOWのインスタレーションを
体験するのですが、暗闇の中なので、
身体感覚が無になり五感が研ぎ澄まされ、
味わったことのない感覚に陥ります。

ぜひ、入って見てください。

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post