Fashion / Editor's Post

クローゼットに眠っている、着なくなったTシャツをよみがえらせるイベントが、16AOÛT complexにて開催されます。

motokitanakaが手がけるTシャツの”Re-build”
motokitanakaが手がけるTシャツの”Re-build”

よ〜く見ていただければわかると思いますが、何枚ものTシャツを組合せて仕上げられているこちらは、福岡を拠点として活躍するデザイナーのmotokitanakaが手がける、 16AOÛT complexで開催されているTシャツの”Re-build”イベントです。

誰もが愛着をもって着古したTシャツや、クローゼットに眠っているTシャツを数枚は持っているはずです。

そんな着るには古びているけれど捨てるにはもったいないという、ほとんど眠りから覚めない運命に置かれたTシャツたちを一度解体して、別のものと組み合わせることで、まったく新しい洋服として蘇らせるというのがRe-build T-SHIRTです。

期間中に着古したTシャツを3〜4枚、16AOÛT complexに持参すると、motokitanakaの手によって世界にひとつだけの洋服として生まれ変わります。もちろん都内在住じゃない方や、都内在住の方でも外出を控えられている方は、直接お店に出向かなくても参加が可能だそうです。

*郵送でのご参加は以下の通りです。

WEBページにてお支払いを済ませていただいた後に、Tシャツをチョイスしご郵送ください。6月中旬には生まれ変わった、世界に1つだけのスペシャルなアップサイクルTシャツを贈らせていただきます。

新しい形のサスティナビリティに、あなたもぜひ参加してみませんか??

イベント概要
期間/4月29日(木)〜5月5日(水
アイテム/半袖 T-SHIRT のみ
価格/¥14,300(税込)
制作期間/6月中旬までにお渡し
開催場所/16AOÛT complex
住所/東京都港区南青山 5-5-4 ルーチェ南青山 A 棟 1F
TEL/03-5468-0816
URL/www.16aout-complex.com
※Web販売ページに関しては、4月23日(金)公開予定

motokitanaka(モトキタナカ)
2011 年ブランド設立当初より、材料調達からデザイン、パターン、縫製までの全てを熊本出身のデザイナー田中素樹が手掛ける。シーズンごとのコレクションや工場生産で成り立つアパレル界の常識から外れ、一貫生産だからこそ実現する遊びのあるデザインをスピード感もって日々生産中。着る人をより自由に解き放ち、印象に残る特別な一着を創り続けている。

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する