Fashion / Editor's Post

カール・ラガーフェルド最後の「Chanel」美しい雪景色の世界

©︎CHANEL
©︎CHANEL

会場のグランパレに雪山と山小屋を出現させた、シャネル(CHANEL)の2019-20年秋冬 プレタポルテ コレクション。2019年2月19日に逝去した、カール・ラガーフェルドが手掛けた最後のシャネルのコレクションになりました。

春夏のビーチサイドからガラリと変わり、舞台はアルプスのふもと、雪山のロッジ。

©︎CHANEL
©︎CHANEL

多くの観客が見守るなか、「1分間の黙祷を」とアナウンスが流れ、一体が静寂に包まれる。

その後、カール・ラガーフェルドの声。そしてカール様がいないカール様最後のショウの幕が開けた。

白を基調にしたシャネルツイードのロングコートやパンツスーツに始まり、ヴィヴィッドな色のスポーティアイテムやニットの組み合わせ。繊細なレースのソフトなドレスはストレッチパンツを合わせたりと、新しいスタイリングの提案が際立っていました。

雪山のオケージョン別スタイルを、シャネルらしく、さらにシンプルにピュアに、バランスよくまとめられていました。

©︎CHANEL
©︎CHANEL

フィナーレにモデルが出てきた瞬間、会場はスタンディングオベーション。

会場が、涙と感動に包まれました。素晴らしいショウをありがとうございます。

ショーには多くのセレブたちが出席。日本からはマドモアゼル・ユリアさんや小松菜奈さんの姿も。

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する