107
Fashion Editor's Post

「Louis Vuitton」2019年クルーズコレクションレポート@南仏

2018年5月28日(現地時間)、カンヌ近郊のマルグリット&エメ・マーグ財団美術館で行われた「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の2019クルーズコレクションに出席してきました。


©Louis Vuitton Malletier

今回ルイ・ヴィトンがショー会場に選んだのは、フレンチ・リヴィエラのサン=ポール=ド=ヴァンスにあるマーグ財団美術館。シャガールやミロ、カンディンスキー、ジャコメッティなどをはじめとする現代アートの美術館で、芸術家たちと交流のあったマーグ夫妻により設立されました。絵画や版画、彫刻など数多くの作品を所蔵していますが、なかでも迷路のような庭園にさまざまなアート作品が点在しているのが特徴です。


庭に飾られた、シャガールのモザイク画

そんな自然とアートが共存する特別な場所で披露されたコレクションは、芸術を愛したマーグ夫妻のオリジナリティが反映されています。型にはまらないスタイルで、クチュール的なムードもありながら、メゾンの伝統的なコードを再解釈し、モダンに仕上げていました。

また、ヴィンテージな気分とフューチャリスティックなものをうまくミックスした楽しいスタイリングが、とても絶妙でした。

足元はニーハイレングスのブーツが印象的です。

帽子がアクセントになったスタイリングも気になりました。

ファッション・エディターで、動物好きとして知られているグレース・コディントンとコラボレーションしたバッグもランウェイに登場していました。猫を形取ったものやモノグラムのバッグなど、とてもチャーミング。

©Louis Vuitton Malletier
©Louis Vuitton Malletier
ニコラ・ジェスキエールと、自身によるイラストが描かれたセットアップを着たグレース・コディントン。

こちらは、ホテルで出迎えてくれた、グレースによるイラストの猫ちゃんステッカー。

ショーの音楽を担当したのは、「WOODKID」というフランス人アーティストだそうで、その音楽にルイ・ヴィトンのキャンペーンでもお馴染みの女優、ジェニファー・コネリーが、グレースの著書から抜粋した朗読をのせるという実験的なサウンドも面白かったです。さらに、このBGMには「名古屋少年少女合唱団」の声もミキシングされているそうです。

フロントローには、そのジェニファー・コネリーに、レア・セドゥ、エマ・ストーン。
©Louis Vuitton Malletier
©Louis Vuitton Malletier

ぺ・ドゥナ、ローラ・ハリアー、ソフィー・ターナー、シエナ・ミラー、ルース・ネッガ。
©Louis Vuitton Malletier ©Louis Vuitton Malletier

EXOのセフンといったセレブリティたちも世界中から駆けつけていました。
©Louis Vuitton Malletier
©Louis Vuitton Malletier

素敵なショーはもちろん、フレンチ・リヴィエラならではのアクティビティも堪能しました。到着2日目のショーの前には、船でサント・マルグリット島へ。あいにくの曇り空だったのが残念ですが…。

翌日は、石畳の街並みが美しいサン=ポール=ド=ヴァンスを散策。その後プライベートビーチでのんびり過ごすなど、リゾート感満載の充実した滞在でした。


お部屋で出迎えてくれた、香水やクラッチバッグ、サングラスなど素敵な旅のお供。

次は私たちをどんな旅へ連れて行ってくれるのか。ニコラのクリエーションとともに、注目です!

いいね!

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post