Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「レディなムードを取り入れて」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年10月号掲載)

今年の秋冬はレディクラシカルなトレンドが回帰。まだ秋になる一歩手前ですが、私の中では早くもレディな気分を取り入れています。また夏休みのバカンス中に気になった、リゾート気分の装いやアイテムもご紹介します。

スタイリストの野口強さんが手がけるマインデニム(MINEDENIM)と、同じくスタイリストの三浦由美子さんとのコラボレーションで生まれたジャンプスーツを着て。素材はデニム素材だけど、フロントがドレスシャツのようなデザインで、カジュアルにもフォーマルにも落とし込めるチャレンジングなアイテムです。フェミニンすぎずマスキュリンすぎない、私的新しいレディスタイルを表現してみました。

上のスナップで使っていたアイテムをご紹介します。ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のティアドロップサングラス。こんなにも自分の顔にしっくり似合うティアドロップは初めてで、次はティアドロップをコレクトしたい気分です。夏らしいけど、落ち着き感のあるグリーンレンズが素敵。

ロエベ(Loewe)の「パウラズ イビザ」コレクションのトートバッグは、ピンク×ブルー×ホワイトのトリコロールにストライプを重ねた、まさにリゾートらしいデザイン。レザーの肩ひもの最適な長さも◎ この夏、ヘビロテ中のお気に入りです。

ミュウミュウ(Miu Miu)のローズが付いたプラットフォームサンダルは、マットなレッドがレディの気分を上げる差し色になってくれます。高低差がないプラットフォームで、本当に履きやすいのがうれしいな。

この冬は、アクセで盛るトレンドが再来。スカーフもまた、出番が増えそうなアイテムの一つ。ラストフレーム(Lastflame)のスカーフは、ちょっとクラシックなパターンやわかりやすいレディなプリントのものを、バッグや首に巻いてスタイリングしたいな。今号の特集「レディのたしなみに、スカーフを」に巻き方を習いたいと思います。

クルン(kurun)のバレエシューズは、柔らかくて軽いので機内や旅に持っていきたい。フラットを履くなら、このくらい主張あるキラキラ感のあるものやデコラティブなものが好きです。

イーチ アザー(Each Other)のミックスカラーのワンピース。バカンスのディナーなど、リゾートスタイルならさらっと一枚で、タウンで着るなら太めのベルトを合わせてコーディネートしたい!

この日は「ディオール ブックトート」のバッグをメインにコーディネート。セリーヌ(Celine)のトップにマインデニムのデニムを合わせて、70年代っぽくしてみました。ミュウミュウのネックレスがポイント。

エトロ(Etro)のポーチは、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズで、パスポートを入れるのにぴったり。旅のお供に活躍中です。

マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)のサンダルは、ドレスアップしたいときに、きれいなペディキュアを塗って履きたい。さすがは、レディの足元の代名詞です♡

バーバリー(Burberry)のTBバッグは、クラシックぽいフォルムにゴールドのバックルがかなりツボ。これからも、クリエイティブディレクターのリカルド・ティッシに期待大……!

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する