65
Fashion AKO's Style

田中杏子「今季はハイ&ロー!」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしとプライベートアイテムを紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2018年3月号掲載

明るいカラースタイリングが気分。色物とカジュアルミックスで今季はHigh&Lowを楽しみます!

08サーカス(08sircus)」のトップに「マインデニム(Minedenim)」のパンツ、「マイラン(Mylan)」のニットカーディガンを羽織りました。「グッチ(Gucci)」のキャップ、「クロエ(Chloé)」のバッグ「PIXIE」、「マイケル マイケル・コース(Michael Michael Kors)のサンダルを合わせたパリコレ中の一枚。「マイラン」のカーディガンは、肩肘を張らない大人のリラックスウェアに最適! High&Lowをうまく合わせたスタイリングが今の気分です。

#114_ako01
#114_ako01

ボーダートップはこれまで着ていなかったのに、トレンドとともにスタイリングに加わりました。「アニエスベー(agnès b.)」の長袖タイプは、ブラックのシースルースカートやデニムと合わせたいです。

ニナリッチ(Nina Rich)」のバッグは両サイドからオープンできるユニークなフォルム。見た目以上にたくさん入る優れ物で、かなり愛用中! カジュアルなコーディネートに合わせています。

カスバのオーナー増田令子さんがデザインを手がけるブランド「パラダイス!(Paradise!)」のキャップは、ドレスダウンしたいときに合わせています。引き続きキャップブーム中なのでとってもうれしい!

昨年末、銀座並木通りに日本初の旗艦店がオープンした「インティミッシミ(Intimissimi)」のキャミソールトップとショーツ。見ているだけでも気分が上がる深紅のランジェリーは、まさに女性にとっての媚薬。イタリアンブランドとして魅惑的かつ洗練されたデザインとクオリティは保ちながらも、コストパフォーマンスが素晴らしく、すごくオススメです。

ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)」のドレスに「ミュウミュウ(Miu Miu)」のファーストール、「Tiffany HardWear」よりトリプル ドロップ ピアス、「ジミー チュウ(Jimmy Choo)」のバッグ、「ソニア リキエル(Sonia Rykiel)」のサンダルでスタイリング。パープルのタイツを合わせて自分らしいハズしも忘れずに。

スタイリングで合わせた「ジミー チュウ」のバッグは、ドレスアップ、ドレスダウンどちらにも合わせられる万能選手。手荷物がコンパクトなときに楽しめる主役級バッグ。

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」のシグネチャーで、大きさの異なる「ガンチーニ」が組み合わされたピアス。くるくると揺れて煌めき、大ぶりなのも可愛い♥ ポール・アンドリューが手がけるこれからのフェラガモにも期待大です!

ミュウミュウ」のロング丈ニットは、パンツを合わせて楽しんでいます。一枚でさらりと着ても、シャツとコーディネートしても◎

手をぐっと握ったシルエットが持ち手に施された「グッチ」のキャンドル。キャンドルに限らず、グッチのホームコレクションは遊び心が効いていて、とにかく可愛すぎなのです!! 私は椅子を狙っています♥︎

私のファッションディクショナリーの中になかったスニーカーが、最近ワードローブに追加されました。ファッションアイテムとして大切なものの一つとなり、なかでもお気に入りの「プラダ(Prada)」のスニーカーは足元にボリュームが欲しいときにぴったり。ぽてっとしていながらも履き心地は抜群!

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post