開業1周年を迎えたウェスティンホテル横浜でご褒美ウェルネス・リトリートの旅!vol.2 | Numero TOKYO
Life / Editor's Post

開業1周年を迎えたウェスティンホテル横浜でご褒美ウェルネス・リトリートの旅!vol.2

2022年6月に横浜・みなとみらいにオープンした「ウェスティンホテル横浜」。開業1周年を記念した特別プランである、ウェルネス・リトリートプランwith ローズを体験させていただける機会があり、個人的に以前も宿泊したことがあって、お気に入りのホテルの一つでもある「ウェスティンホテル横浜」をご紹介いたします!

みなとみらいの夜景を堪能しながらアイアン・ベイでディナーコースを

最上階23階にあるスタイリッシュでゴージャスなダイニング「Iron Bay」。横浜港が鉄鋼業で栄えたことにちなんで名付けられたそう。
最上階23階にあるスタイリッシュでゴージャスなダイニング「Iron Bay」。横浜港が鉄鋼業で栄えたことにちなんで名付けられたそう。

たくさん運動したところで、お待ちかねのディナータイム。ディナーは23階のシグネチャーレストラン「Iron Bay(アイアン・ベイ)」にて。1周年を記念して、スウェーデンからミシュランスターシェフ、ジョン・サヤン・イサクソン氏を召喚。新料理長・山下正太氏とのコラボレーションディナーをいただきました。

盗撮失礼します(笑)。写真のサヤン氏は、スウェーデンの最も優れたシェフに選ばれたことがあり、山下氏は、ミシュランスターを獲得して高い評価を得ているフレンチレストラン「トロワグロ」や、フォーシーズンズホテル大手町のフランス料理店「EST(エスト)」でスーシェフを務めた人物。
盗撮失礼します(笑)。写真のサヤン氏は、スウェーデンの最も優れたシェフに選ばれたことがあり、山下氏は、ミシュランスターを獲得して高い評価を得ているフレンチレストラン「トロワグロ」や、フォーシーズンズホテル大手町のフランス料理店「EST(エスト)」でスーシェフを務めた人物。

特に美味しかった4皿。左上【ビーフ出汁コンソメ、牛アキレス腱、夏の柑橘】、右上【金目鯛の串焼き、白味噌、夏の柑橘】、左下【国産牛、穴子、黒トリュフ】、右下【燻製ハチミツ、グリルとフローズンの桃】。

サヤン氏と山下氏のメニューが交互に出てくる流れで、サーブ時に最後の仕上げが施される、見た目にも美しくワクワクするコースでした。日本ではまだ珍しいスカンジナビア料理と聞いていたので、どんな味なんだろう?とドキドキしていましたが、馴染みのある日本の食材を使ったコースは、グリルや燻製の風味が美味で、ラストのデザートまで本当に美味しくいただくことができました。

メイン料理のナイフは木箱に入ってきてびっくり。岐阜県関市で特別に作られたものだそうで、切れ味が抜群。
メイン料理のナイフは木箱に入ってきてびっくり。岐阜県関市で特別に作られたものだそうで、切れ味が抜群。

スウェーデンで活躍中のジャズバンドによるカルテット演奏も!
スウェーデンで活躍中のジャズバンドによるカルテット演奏も!

1日の締めは地元民も集うおしゃれで独創的なバーへ

15時〜オープンという営業時間もうれしい、浜っこも集うおしゃれなバー。
15時〜オープンという営業時間もうれしい、浜っこも集うおしゃれなバー。

ディナーの後は、すぐ隣の「コード・バー」に移動。とってもムードがよく、ラグジュアリーなバーですが、メニューがクセありでおもしろい! 【〒231-0064(Yokohama, Noge)とりあえず、浜】など、思わずクスッと笑っちゃいそうな、神奈川県の郵便番号にちなんだオリジナルのカクテルなどが楽しめるという、なんとも独創的なバー。(海外との郵便は横浜開港と密接な関係を持っていることからこのようなコンセプトになったそう)私が伺った大雨の日でも大人気の満席でした!

今回のプランにインクルードされていた、バラと海のブルーが美しい1周年記念カクテル「Yokohama Sea Rose – 横浜シー・ローズ」。
今回のプランにインクルードされていた、バラと海のブルーが美しい1周年記念カクテル「Yokohama Sea Rose – 横浜シー・ローズ」。

見た目も可愛いこちらはMocktail。
見た目も可愛いこちらはMocktail。

 

どうでもよい情報ですが、バラのカクテルを楽しむためにバラのヒールで伺いました(笑)。

大きな窓から景色を堪能できる467㎡の広いクラブラウンジ。
大きな窓から景色を堪能できる467㎡の広いクラブラウンジ。

最後に今回のプランでは、通常、Marriott Bonvoyプラチナエリートメンバー以上、またはスイートルームにご宿泊の方などを対象とした、22階のクラブラウンジも利用可能でした。なので、ブッフェ形式が楽しめる朝食やカクテルタイム、またデイスナックタイムなど、宿泊中ありがたく何度も足を運ばさせていただきました。お客様がいらしてブッフェの写真など撮ることが難しかったのですが、朝食もカクテルタイムもかなり充実したメニューで、しっかりいただけて、大満足でした。(私のおすすめは、常設メニューではないみたいなのですが、カクテルタイムのカレー。出合えたらぜひにです!)ちなみにウェルビーイングの観点から、アルコール提供時間は20時までとなっており、宿泊者の深酒や二日酔い防止に配慮しているそうです。さすが徹底されたコンセプト!

そのほか印象的だったのは、ホテルのどこにいても、自然を感じることができて、美しいグリーンが心地良いこと!

晴れた朝は緑豊かなウェスティンガーデンでお散歩も良きかと。
晴れた朝は緑豊かなウェスティンガーデンでお散歩も良きかと。

とっても素敵なディスプレイ。SDGsの観点よりお花より長持ちする木が選ばれているそう。
とっても素敵なディスプレイ。SDGsの観点よりお花より長持ちする木が選ばれているそう。

というわけで、長くなりましたが、少しでもウェスティンホテル横浜の魅力が伝わりましたでしょうか? 素敵なお部屋でゆったりくつろいだり、集中して仕事をしたり、ウェルネスフロアでワークアウトに励んだり、こだわりの食材で作られた美味しいご飯やお酒を楽しんだり・・・心身ともに満たされる幸せな「ウェルビーイング」な時間をきっと過ごすことができるはず! まさに来た時よりも美しく、なれそうなご褒美ウェルネスリトリートの旅。皆様もよかったら体験してみてください!

 

ウェスティンホテル横浜
住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい4-2-8
TEL/045-577-0888
URL/www.westinyokohama.co.jp

 

Profile

清原愛花Aika Kiyohara コントリビューティング・ファッション・エディター/スタイリスト/ブランド&アーティストアドバイザー/ライター。2009年より『Numéro TOKYO』に参加。田中杏子に師事後、独立。17年より東京と海外(現在は日本の離島)を行き来しながら、フリーランスのスタイリストとして、雑誌や広告、女優、ミュージシャンの衣装を手がける。フットワーク軽いライフスタイルからアドレスホッパーとしても注目される。Instagram @kiyoai413

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する