ハイジュエリーの概念を覆した自然素材を用いたブシュロンの「アイユール」コレクションレポート | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

籐、貝、小石!? ハイジュエリーの概念を覆した自然素材を用いたブシュロンの「アイユール」コレクションレポート

クリエイティブディレクター、クレール・ショワンヌ(Claire Choisne)によって年2回発表されるブシュロン(Boucheron)のハイジュエリーコレクションは、毎回他のジュエラーとは一線を画す、自由で驚きのクリエイション! 7月のオートクチュールウィークにパリで発表された新作「Ailleurs -アイユール」が、この秋、東京に到着。買ったばかりのiPhone 14 Pro Maxを片手に(笑)展示会に参加させて頂いたのでレポートいたします!!

今回の新作コレクションは、フランス語で「アイユール(ここではない何処か)」と名付けられ、外出制限のあったコロナ禍に創造されたという。クレール・ショワンヌは、現実ではなく、想像力を駆使した“心の旅”というこれまでとは違った方法を見つけ出し、想像の世界を広げ、それをハイジュエリーへと落としこみました。

フィーチャーされたのが、小石や木、籐、隕石といった一見矛盾する自然の天然素材。それらとプレシャスなジュエリーを融合することにより、他では絶対見ることができない、幻想的なスペシャルな5つのコレクションが完成。驚くべき自由な感性で創造された、5つのユニバースをご紹介させていただきます。

 

1.「SAND WOMAN」

「ロタン ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×ロッククリスタル×ラタン)¥99,000,000(予定価格)
「ロタン ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×ロッククリスタル×ラタン)¥99,000,000(予定価格)

夢幻の砂漠へと誘う「SAND WOMAN」は、砂や降り注ぐ日の光に輝くブロンドやベージュトーンのコレクション。展示会の前にヴィジュアルを見せていただいた時、いったいどうやって作られているのだろう!? と興味津々、実物を見るのが楽しみだったコレクションの一つ。職人さんたちの技術により、天然の柔らかい籐とダイヤモンド、という驚くべき組み合わせが実現!

「ロタン ディアマンブローチ」(WG×PG×ダイヤモンド×ラタン)¥36,564,000(予定価格)
「ロタン ディアマンブローチ」(WG×PG×ダイヤモンド×ラタン)¥36,564,000(予定価格)

<右>「コキヤージュディアマンイヤリング」(WG×ダイヤモンド×ホソニシ貝)¥32,736,000 <左>「ピー リング」(WG×ロッククリスタル×ダイヤモンド×ホワイトラッカー)¥15,972,000(ともに予定価格)
<右>「コキヤージュディアマンイヤリング」(WG×ダイヤモンド×ホソニシ貝)¥32,736,000 <左>「ピー リング」(WG×ロッククリスタル×ダイヤモンド×ホワイトラッカー)¥15,972,000(ともに予定価格)

こちらの貝のイヤリングも素敵でした。一見これは作るの簡単そう!? とか一瞬思ってしまいましたが、天然の貝殻をスキャンし、質感や曲線、そのフォルムをゴールドとダイヤモンドで再現。同じ大きさと形状の貝殻を探し出すのも大変難しかったそう・・・。すみませんでした。<左>は、カササギの頭部をロッククリスタルとダイヤモンドで表現したリング。頭蓋骨をはめ込んだように見えて、SOOO REAL! さすがブシュロンさまクオリティです。

 

2.「LEAF WOMAN」

「フルールドゥパラディヘアクリップ」(WG×チタニウム×ダイヤモンド×オパール×アメシスト×オレンジガーネット×グリーン&イエローサファイア×ラッカー)¥29,568,000(予定価格)
「フルールドゥパラディヘアクリップ」(WG×チタニウム×ダイヤモンド×オパール×アメシスト×オレンジガーネット×グリーン&イエローサファイア×ラッカー)¥29,568,000(予定価格)

「LEAF WOMAN」のインスピレーション源は熱帯雨林。鮮やかな色彩溢れる南国の世界で、見てるだけでエネルギーチャージができそうなハイジュエリーたち! 

「フイヤージュディアマン カフブレスレット」(WG×アルミニウム×ダイヤモンド×グリーントルマリン)¥87,120,000(予定価格)
「フイヤージュディアマン カフブレスレット」(WG×アルミニウム×ダイヤモンド×グリーントルマリン)¥87,120,000(予定価格)

圧巻だったのが、まるで植物の葉を編んだかのように見えるブレスレット! 非常に軽くて頑丈なアルミニウムを採用し、本物の葉に見えるように繊細な細工を施したんだとか。

「トゥカン ブレスレット」(WG×チタニウム× ダイヤモンド×オレンジシトリン×ブラックスピネル×オニキス×ルベライト×オレンジサファイアxブラックラッカー)¥48,180,000 (予定価格)
「トゥカン ブレスレット」(WG×チタニウム× ダイヤモンド×オレンジシトリン×ブラックスピネル×オニキス×ルベライト×オレンジサファイアxブラックラッカー)¥48,180,000 (予定価格)

このカモノハシのくちばしのリアルさたるや! こちらが最も職人さんの高度な技術が発揮された作品だそうで、色調の異なるシトリンを立体的に組み合わせ、鋭いくちばしの先はブラックオニキスで形状を作り、ルベライトをセット。金属をいっさい使うことなくストーンを組み合わせて表現したそう。

3.「EARTH WOMAN」

植物、動物などの有機的なフォルムをリアルに再現した「EARTH WOMAN」。特筆すべきは、右肩に乗ったリアルな花びらのブローチ!

「ボワ ディアマン ブローチ」(WG×ダイヤモンド×ウッド×マグネット)¥57,420,000(予定価格)
「ボワ ディアマン ブローチ」(WG×ダイヤモンド×ウッド×マグネット)¥57,420,000(予定価格)

こちらの素材はなんと、ローズウッド。本物の花びらをスキャンし、そこから新たに架空のお花を作ったという逸品。写真ではわからないのですが、薄いローズウッドの花びらの中央にあるのがチタン製のおしべ。これがなんと優雅に揺れるのです! 思わずうっとりと眺めてしまいました。

4.「PEBBLE WOMAN」

「ガレ ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×大理石)¥97,680,000(予定価格)
「ガレ ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×大理石)¥97,680,000(予定価格)

月の海原や天空に広がる広大な浜辺といった、静かで穏やかな世界「PEBBLE WOMAN」。本物のペブル(小石)を使ったジュエリーにご注目を! 白い大理石の小石(ペブル)をひとつひとつ半透明になるまで削って軽量化し、ゴールドやダイヤモンドのモチーフをタトゥーのように埋め込んだそう。

「ガレ ディアマン イヤリング」(WG×ダイヤモンド×大理石)¥20,328,000(予定価格)
「ガレ ディアマン イヤリング」(WG×ダイヤモンド×大理石)¥20,328,000(予定価格)

裏から見ても、ペブルが限界まで薄く削られているのがわかります! もはやジュエリーを超えてアートの世界!!

5.「VOLCANO MAN」


「コキヤージュ ネックレス」(WG×ダイヤモンド×MOP)¥112,860,000(予定価格)
「コキヤージュ ネックレス」(WG×ダイヤモンド×MOP)¥112,860,000(予定価格)

最後に、今回のコレクションで唯一、男性をイメージした「VOLCANO MAN」を。ブラック&ホワイトの世界でクールでとっても素敵でした。X線を通してしか見ることのできない貝の内側の螺旋構造を、あえてエアブラシで描いた<上>のネックレス。<下>のJapaneseテイストなネックレスは、炭化させた樹齢3000年のオーク材とダイヤモンドを組み合わせた逸品。炭とダイヤモンドって・・・! 予想を超える素材使いに、もう拍手喝采です!!

「ボワ ブリュレ ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×ウッド×チタニウム)¥47,520,000(予定価格)
「ボワ ブリュレ ディアマン ネックレス」(WG×ダイヤモンド×ウッド×チタニウム)¥47,520,000(予定価格)

さて、長くなってしまいましたが、最後に。ブシュロンといえば・・・の個性溢れる愛すべき動物リングたちをご紹介。今回は、想像の世界に登場する動物たちが、ダイヤモンドが煌めくリングとなってラインナップされていました。なんと隕石(!)をあしらった、月に吠えるオオカミの姿を描き出した「ルウ リング」なども!!

「ガゼル リング」(YG×オニキス×ダイヤモンド)¥63,360,000(予定価格)
「ガゼル リング」(YG×オニキス×ダイヤモンド)¥63,360,000(予定価格)

「ウルス ポレール リング」(WG×ブラックサファイア×ダイヤモンド)¥29,832,000(予定価格)
「ウルス ポレール リング」(WG×ブラックサファイア×ダイヤモンド)¥29,832,000(予定価格)

「エレファンリング」(WG×オニキス×ダイヤモンド)¥22,440,000(予定価格)
「エレファンリング」(WG×オニキス×ダイヤモンド)¥22,440,000(予定価格)

「ルウ リング」(WG×PT×オニキス×メテオライト(隕石)×ダイヤモンド)¥31,548,000(予定価格)
「ルウ リング」(WG×PT×オニキス×メテオライト(隕石)×ダイヤモンド)¥31,548,000(予定価格)

どれも幻想的で、おとぎ話に出てきそうな動物たち。お気に入りの一頭はいましたか?

クレール・ショワンヌは「私にとってPrecious(貴重なもの)とは、美しいものであって、必ずしも高価なものではありません。私が美しいと感じるものはいつも自然の中にあります。この地球上で最もクリエイティブな才能を選ぶとすれば、それは自然だと思います。その自然に敬意を示し、その美しさと価値に人々の目を向けさせたいのです」と語ります。 今回のコレクションを拝見させていただいて、私の中でハイジュエリーのイメージが一新すると同時に、本当に美しいものとは何だろう?と考える機会をいただいたような気がします。こんな脳をガツンとやられるようなハイジュエリーはなかなかお目にかかれません。また次回のブシュロンさんのハイジュエリーコレクションを楽しみに待っていたいと思います!

Thank you for inviting me Boucheron!!

Boucheron
ブシュロン クライアントサービス
TEL/0120-230-441
URL/www.boucheron.com

Profile

清原愛花Aika Kiyohara コントリビューティング・ファッション・エディター/スタイリスト/ブランド&アーティストアドバイザー/ライター。2009年より『Numéro TOKYO』に参加。田中杏子に師事後、独立。17年より東京と海外(現在は日本の離島)を行き来しながら、フリーランスのスタイリストとして、雑誌や広告、女優、ミュージシャンの衣装を手がける。フットワーク軽いライフスタイルからアドレスホッパーとしても注目される。Instagram @kiyoai413

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する