20
Fashion Editor's Post

ティファニーと過ごしたスペクタクルな一夜

Tiffany
Tiffany

 

そして、なんといっても素晴らしかったのが、演出家・宮本亜門さんによるショーです! 古事記から現代まで、日本をテーマにしたそれはそれは壮大なショーで・・・。天と地が初めて誕生し、男神のイザナギと女神のイザナミが現れ、まずは淡路島ができ・・・から始まる、古代から現代へと続くストーリー。外国の方々が見ても、一瞬で日本誕生秘話がわかったはず。なんとも勉強になる素晴らしい内容でした!

 
キャストも本当に豪華! 天照大神役にソプラノ歌手の森麻季さん、歌舞伎のシーンに四代目市川九團次さん、アクロバティックなダンスシーンにBLUE TOKYOさん、ELダンスにWRECKING CREW ORCHESTRAさん・・・などと、古典から現代まで日本を代表する素晴らしいパフォーマンスが一挙に楽しめるという・・・なんともゴージャスなキャスティング!

天照大神役のソプラノ歌手・森麻季さんの圧巻の登場シーンと、透明感ある美声に、おののき、、、

 

四代目市川九團次さんの歌舞伎のシーンの迫力に感動し、、、

 

日本のファッションの変遷を表現したシーンの、素晴らしき衣装と美しい映像のゴージャス感に魅了され、、、

 

_MG_4649-01
_MG_4649-01

蜷川実花さんが手がけるブランド「M/mika ninagawa」の艶やかな和装にうっとり♡し、、、

 

アクロバティック集団のBLUE TOKYOさんの、新体操×ストリートダンスのパフォーマンスに魅了されたのでありました!

 

ということで、エディターのくせにボキャブラリーが少ないため・・・汗、とにかく素晴らしいとしか表現できないのがはがゆいのですが、目の前で、古代から現代までの日本の物語が、それはそれはめくるめくスピードで、それはそれはさまざまなパフォーマンスで繰り広げられ、息を呑むようなあっという間の時間でした! ジャンルを越えた日本を代表するキャストやクリエイター陣の魔法によって、日本の素晴らしさを発見できたといいますか。簡単にいってしまえば、東京オリンピックの開会式を、ひと足お先にティファニーで拝見させていただいちゃいました!的な感じ!?(笑)

後から聞いた話ですが、ショーのヘアメイクを担当されていたのが、いつもお世話になっているヘアABEさん、メイクYUKIさんのチームだったそうで。ヘアメイクも素晴らしかったです! ABEさん、YUKIさん、本当にお疲れ様でした!!(涙)

 

 

まだまだ続く、ティファニーと過ごした一夜の思い出♡

Profile

清原あいか(Aika Kiyohara)ファッション・エディター。雑誌編集、スタイリストアシスタントを経て2009年『Numero TOKYO』に参加。田中杏子に師事後、独立。ファッションストーリーやトレンドレポート、女優インタビューなどに携わり、スタイリングからライティングまで幅広く活躍。JUJUやPerfumeなどアーティストの衣装も手がける。自他ともに認めるファッションアディクトで、毎シーズン新作からファーストラインをルック買い。コレクション会場で撮影隊に激写される“ド派手”なスタイルも話題。

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する