Culture / Post

21世紀少女 vol.1
デザイナー中里周子
カオスアートのニューエイジ

フォトグラファー田口まきと、小誌エディトリアル・ディレクター軍地彩弓がお送りする連載「21世紀少女」。クリエイターやアーティストなど、21世紀的な感覚を持つ新世代女子を紹介。ファッションブランド「NORIKONAKAZATO」デザイナーの中里周子のアトリエに潜入し、4人の仲間たちと無造作に置かれた制作材料に囲まれながら、彼女の頭の中を探った。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2015年3月号掲載)

the recipe of me
私の頭の中

21世紀的感覚を持った新世代女子は、普段どんなことを考えているのだろう? そのヒントは、彼女たちの周りの“モノ”にもちりばめられている。生活必需品から自分の作品、大切にしているものたち。中里周子のアトリエからは、彼女の世界観の断片がたくさん発掘された。
 

#84_21_01
#84_21_01

(左上から時計回りで)パソコンにはAmazon.comで購入したレインボーカラーのケースを付けて。家とアトリエの鍵。「平面すぎる表現方法が好き」なサイババのキーホルダー付き。自分へのご褒美として“ITS”の受賞賞金で購入した「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」のバッグ。iPhone5。待受画面はコレクションのバッグステージ。
 

#84_21_02
#84_21_02

彫刻家 大石雪野さんの協力で制作した鶴のネックレス。
 

#84_21_03
#84_21_03

イメージドローイング(珍しく真面目に描いた)。

#84_21_04
#84_21_04

ブランドのイメージヴィジュアルは物干しハンガーに吊るしてアトリエの片隅に。
 

#84_21_05
#84_21_05

(左上から時計回りで)よく制作に使うお気に入りのパーツ。小さなインコ、10個で500円。盆栽の指輪。盆栽に雷が落ちているイメージからデザイン。制作したユニコーンのバッグ。両肩に掛け、胸の前に下げる。
 

#84_21_06
#84_21_06

「ここのがっこう」で同期生だった“ボクトウ刺繍”のデザイナーとの共同作品。
 

#84_21_07
#84_21_07

(左上から時計回りで)2012-2013の「NORIKONAKAZATO」のカタログ。カメラマンはMonika Mogi氏、Shusaku Yoshikawa氏など。
ニードルパンチで顔を作った雲。インスピレーション源の一つである洋書。トイレットペーパー・マガジン(左)と、ヨーガン・テラーの写真集(右)。
 

#84_21_08
#84_21_08

(左上から時計回りで)制作した鳥とプラズマボールのネックレス。2014年「SFW」にてショウを開催したときのバックステージ写真。
 

#84_21_09
#84_21_09

アトリエの壁。写真家Monika Mogi氏撮影の自分の作品を貼っている。

中里周子の年表とQ&A

Photos:Maki Taguchi
Direction:Sayumi Gunji
Text:Rie Hayashi

Profile

中里周子(Noriko Nakazato) 1988年、東京都生まれ。「NORIKO NAKAZATO」デザイナー。東京藝術大学大学院博士課程(本郷研究室)在学中。欧州最大のファッションコンテスト「ITS(イッツ)」ジュエリー部門のグランプリを受賞。

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する