【3月号別冊付録】INI 尾崎 匠海に一問一答! | Numero TOKYO
Interview / Post

【3月号別冊付録】INI 尾崎 匠海に一問一答!

2024年1月26日(金)発売の『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号特装版(増刊)表紙&別冊付録にINIの11人が初登場! 特装版だけの24ページにわたる別冊付録「THE PORTRAITS OF 11 BOYS:INIの肖像」では、見たことのないモードな撮影に挑戦。11人それぞれの今を切り取ったポートレートのほか、現在の気持ちをソロインタビューで語った。今回Numero.jpでは別冊付録と連動して、メンバーそれぞれの一問一答を限定公開!

尾崎 匠海|Takumi Ozaki

ジャケット¥492,800 セーター¥217,800(参考価格) イヤカフ 各¥66,000/すべてGivenchy (ジバンシィ ジャパン)
ジャケット¥492,800 セーター¥217,800(参考価格) イヤカフ 各¥66,000/すべてGivenchy (ジバンシィ ジャパン)

Q.1 今、いちばんやってみたいことは?
「北海道旅行をしたい。以前、小樽に旅行したときにとても楽しかったので」

Q.2「大人になったな」と思った瞬間は?
「最近、自分のことがわかってきたような気がするんです。ポジティブなだけじゃなくて、ネガティブなところもあって、それに向き合えるようになってきたので、少しは大人になれたかなと思っています」

Q.3 嬉しかった褒め言葉は?
「『歌声がいいね』、『歌で感動をもらいました』と言ってもらえると、自分が活動している意味があるなと感じます」

Q.4 自分にキャッチコピーをつけると?
「キラキラアイドル! 年齢を重ねても、ステージに立ち続けたいし、自分のパフォーマンスで応援してくれるみなさんを支えることができるアイドルでい続けます」

Q.5 最近、気になるエンタメは?
「『ドラゴンクエストモンスターズ3』。これは勇者がモンスターを倒すんじゃなくて、配合してモンスターを作るので、何千通りも楽しめるんです。普段、あまりゲームはしないけれど、これにハマって待ち時間はずっとこのゲームをしています」

Q.6 もしINIではなくて、ほかの職業をやるとしたら何になりたかったですか?
「人を支える仕事がしたかったので、介護職が合うのかなと思ったことがありました。これまでにいろんなバイトを経験したけど、やっぱり自分にはステージに立つ仕事が向いていると思います」

Q.7 最近、自分で「かっこいい!」と思った瞬間はどんなときでしたか?
「ライブ中。ステージ上の自分には自信があります」

Q.8 メンバーのなかで「これは負けない」と思う、ナンバーワンなことは?
「歌は誰にも負けたくない。(藤牧)京介や(髙塚)大夢のように高い声に憧れたこともあったけど、今はこの声を活かして頑張ろうと思っています」

Q.9 今朝、起きていちばんにしたことは?
「朝ご飯を作りました。卵かけ納豆玄米ご飯と、サプリでビタミン補給」

Q.10 最近、ネットで検索したことは?
「ドラクエのモンスターの配合」

Q.11 今、どんなファッションが好きですか?
「ニットのトップスにスタジャンを合わせて、サングラスをかけるストリート系のスタイル。カフェに行くなら、ニットと黒のスラックスでキレイめに、友達と会うときはビーニーを合わせてストリート系。最近購入したジルサンダーの靴も気に入っています」

Q.12 私物で長く愛用しているものがあれば、教えてください。
「ユニクロとジルサンダーがコラボした『+J』のコート」

Q.13 今、いちばん欲しいものは?
「ラフに着られる黒いスラックス。着心地がよくてキレイめだけどフォーマルになりすぎず、ストリートとの中間のようなデザインのものを探しています」

Q.14 今、いちばん大切にしているものは?
「今日、着てるコート。4〜5年くらい前に購入しました。それから、高校生のときに購入したドクターマーチンの靴」

Q.15 今、いちばん行ってみたいところは?
「やっぱり北海道!」

Q.16 今、いちばん会ってみたい人は?
「声優さん。会ってみたい声優さんがたくさんいるんですが、『中二病でも恋がしたい!』というアニメがずっと好きなので、福山潤さんと内田真礼さんにお会いしてみたいです。いやでも……自分なんかがお会いするのはおこがましいし、気軽にお声をかけられないです」

Q.17 最近、プライベートで嬉しかったことは?
「adidasとFear of God Athleticsがコラボしたスニーカーの抽選が当たったこと。(池﨑)理人も申し込んでたけど外れてました」

Q.18 ヒーローは誰?
「MINI。応援してくれる人が、僕にとってのヒーローです。自分が存在している意味を作ってくれているし、応援の形は人それぞれだけど、愛を感じる瞬間がたくさんあるんです。僕もみんなを支えるヒーローになれるように頑張ります」

Q.19 「幸せだな」と思う瞬間は?
「ライブをしているとき」

Q.20 最近ハマっていることは?
「ドラクエ」

Q.21 2024年の抱負を教えてください。
「勝負の年だと思っています。毎年そうなんですけど、昨年できなかったことにもう一度挑みたいし、コンテンツや作品でみんなを楽しませたい。オーディションのときに掲げた、グループの曲を1曲作詞するという公約は、時間をかけてこだわって作りたいので、もうちょっと楽しみに待っていてください」

Q.22 INIはあなたにとって、どんな意味を持ちますか?
「人生。生活のすべてをINIに捧げています。僕らは個性がバラバラで、それぞれの足りない部分を補い合うグループです。だからこそ最強だと思っています」

Q.23 最後にMINIにひとことお願いします。
「いつもMINIに支えてもらって、どうやってお返ししていけばいいのかわからないけれど、ちゃんと結果でお返しができる人間になるように努力しています。キラキラアイドルという変わらない信念を持ちつつ、進化していく匠海の姿を応援してくれたら嬉しいです」

3月号特装版の詳細はこちら

Photo:Sasu Tei Styling:Eiji Takahashi Hair & Makeup:Hiroshi Takatoku, Itatsu Interview & Text : Miho Matsuda Edit :Hisako Yamazaki 

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する