【3月号別冊付録】INI 後藤 威尊に一問一答! | Numero TOKYO
Interview / Post

【3月号別冊付録】INI 後藤 威尊に一問一答!

2024年1月26日(金)発売の『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号特装版(増刊)表紙&別冊付録にINIの11人が初登場! 特装版だけの24ページにわたる別冊付録「THE PORTRAITS OF 11 BOYS:INIの肖像」では、見たことのないモードな撮影に挑戦。11人それぞれの今を切り取ったポートレートのほか、現在の気持ちをソロインタビューで語った。今回Numero.jpでは別冊付録と連動して、メンバーそれぞれの一問一答を限定公開!

後藤 威尊|Takeru Goto

ベスト¥159,500 パンツ¥198,000 ネクタイ¥27,500 シューズ¥130,900/すべてGucci(グッチ クライアントサービス)
ベスト¥159,500 パンツ¥198,000 ネクタイ¥27,500 シューズ¥130,900/すべてGucci(グッチ クライアントサービス)

Q.1 今、いちばんやってみたいことは?
「すごく肌がキレイになる施術がしたい。ちなみに憧れの肌は、メンバーだと(尾崎)匠海、西(洸人)くん、(佐野)雄大。もちもち肌なんです」

Q.2「大人になったな」と思った瞬間は?
「コーヒーをブラックで飲めるようになったとき。大学生の頃からカフェラテしか飲んでこなかったんですが、22歳のときに急にブラックで飲めるようになりました(笑)。それまで、食わず嫌いをしてたのかも」

Q.3 嬉しかった褒め言葉は?
「体が大きくなったねとか、引き締まってるねなど。変化に気づいてもらえると嬉しいです。そして普段から筋トレを頑張っているので、自分でも自分を褒めてあげたいです」

Q.4 自分にキャッチコピーをつけると?
「オーディション時から変わらず、“ステージの上の貴公子”。最近やっと自分でも自覚するようになってきたし、自分っていい感じだなって思ってます(笑)。貴公子レベルが上がってきました」

Q.5 最近、気になるエンタメは?
「ドジャースに移籍した、大谷翔平さんの行方が気になっています。ただでさえ強いドジャースに、最強の二刀流が入って、楽しみしかないです!」

Q.6 もしINIではなくて、ほかの職業をやるとしたら何になりたかったですか?
「フィットネストレーナーをやってみたい」

Q.7 最近、自分で「かっこいい!」と思った瞬間はどんなときでしたか?
「KCON LA 2023に出演したとき、メイク、衣装、ボディメイク、パフォーマンス……と自分史上いちばん良く全部が仕上がっていて、かっこいい!と思いました(笑)」

Q.8 メンバーのなかで「これは負けない」と思う、ナンバーワンなことは?
「忍耐力と自分を律する力」

Q.9 今朝、起きていちばんにしたことは?
「服を脱いで顔を洗って、日焼け止めを塗りました」

Q.10 最近、ネットで検索したことは?
「SNSで流れてきて、この曲なんだろう……と気になった曲を調べました。ちなみにテレビアニメ『進撃の巨人』の曲で、澤野弘之さんの『Call of Silence』でした」

Q.11 今、どんなファッションが好きですか?
「キレイめとカジュアルをミックスした感じのテイスト」

Q.12 私物で長く愛用しているものがあれば、教えてください。
「基本的にめちゃくちゃ物持ちがいいので、使い続けているものはたくさんあります。ヘアオイルとヘアミルクは、オーディションを受ける前から、ずっと同じものを使い続けています」

Q.13 今、いちばん欲しいものは?
「マフラー。黒いマフラーは1本持っているけど、寒色系の……例えばグリーン系とか欲しいです。ボリュームあるものがいいな」

Q.14 今、いちばん大切にしているものは?
「無理をしないことに重きを置いて、疲れたら休んで睡眠をとるようにしていて。そういう全体的なバランスを大切にしています」

Q.15 今、いちばん行ってみたいところは?
「国内のどこでもいいんですが、自然と温泉を楽しめる静かな旅館に泊まりに行きたい」

Q.16 今、いちばん会ってみたい人は?
「ATEEZ(エイティーズ)のサンくん。パフォーマンスを観ていて、本当にかっこいいと思うし、憧れの人」

Q.17 最近、プライベートで嬉しかったことは?
「2ND ALBUM『MATCH UP』のレコーディングがうまくいったこと。詳しくはNuméroTOKYOに載っているインタビューを参照してください(笑)」

Q.18 ヒーローは誰?
「『ONE PIECE』のロロノア・ゾロ。何があっても自分の軸を曲げない、揺るがない部分がとにかくかっこよくて。こういう心を持った人間になりたいと思わせてくれました」

Q.19 「幸せだな」と思う瞬間は?
「ライブが終わって楽屋に戻ったときに、安堵するとともに一生懸命動いてくれているスタッフさんたちを見ると、支えられているんだと幸せを感じます。ライブ中は、幸せよりも“楽しい”が勝っちゃう」

Q.20 最近ハマっていることは?
「スキンケアで化粧水をするときに、コットンを使うようになりました。ヘアメイクさんが使っていたので、プライベートでも使うようになったんですが、キメが整ってもっちりした感じがします」

Q.21 2024年の抱負を教えてください。
「英語力を上げたい。やらないといけないって思うものほど継続が難しいし、成長が見えにくいと心折れやすいんですが、1日3単語ぐらい、コツコツと覚えていきたいです」

Q.22 INIはあなたにとって、どんな意味を持ちますか?
「自分を成長させてくれる場。普段からINIのことばかり考えていて、迷ったときは、チームのためになるほうの選択をしています」

Q.23 最後にMINIにひとことお願いします。
「僕が辛いときや悩んでいるときは、ファンレターを読んで勇気づけられているし、“ヨントン”(ビデオ通話でのトーク会)やオフライントーク会など、いろんなところでMINIが支えてくれるから頑張れています。この世界に入ってよかったなって、やりがい、原動力にもなっています。今の僕を支えてくれるMINIのみんなとは、きっといい関係を築けているんじゃないかな。いつも支えてくれて、ありがとうございます」

3月号特装版の詳細はこちら

Photo:Sasu Tei Styling:Eiji Takahashi Hair & Makeup:Hiroshi Takatoku, Itatsu Interview & Text : Aya Wakayama Edit :Hisako Yamazaki

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する