着こなし徹底分析! 街行くあの人のTシャツスナップ vol.5 佐原愛美 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

着こなし徹底分析! 街行くあの人のTシャツスナップ vol.5 佐原愛美

ここから始まる夏本番! 定番アイテムこそ、その人らしさが表れる。そこでアーティストやスタイリスト、デザイナー、バイヤーなど、ヌメロの気になるあの人のTシャツスタイルとポイントを徹底調査! Tシャツは自分を映す鏡。彼女たちの着こなしをぜひ参考にして。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年7・8月合併号掲載)

佐原愛美|Tu es mon Tresor デザイナー

デザイナーの佐原愛美は、デニムとTシャツは同じ派生の仕方で歴史を刻んでいると話す。今を生きる女性の価値観を反映した「トゥ エ モン トレゾア」のデニムとTシャツの楽しみ方とは。

Tシャツ、デニム(ともにトゥ エ モン トレゾア)、バッグ(ヴィンテージ)、シューズ(パコ ラバンヌ)、ネックレス(エルメス)、バングル(ティファニー)
Tシャツ、デニム(ともにトゥ エ モン トレゾア)、バッグ(ヴィンテージ)、シューズ(パコ ラバンヌ)、ネックレス(エルメス)、バングル(ティファニー)

【POINT】共鳴した写真家のフォトTシャツを纏う

「Tシャツは100枚くらい持っていますが、今ハマっているのはフォトTシャツです。トレゾアでは昨夏から写真家とコラボレーションしたTシャツを作っていて、これはジェナ・ウェストラとジョシュ・ブランドの作品をプリントしたものです。フォトTシャツを自分自身で作った理由は、女性ものが少なくあまり見かけないと感じていたからです。トレゾアのデニムはエレガントを意識して上品に着こなせるようデザインしているので、Tシャツを合わせてもカジュアルすぎないスタイルに仕上がると思います」

【POINT】いかに自分らしい解釈を見つけ出すかが鍵

「デニムは労働着として、Tシャツはアンダーウェアとしてアメリカで生まれたのが始まりで、その後大量生産されていた時代から90年代を境に位置づけが変化していき、今やラグジュアリーなアイテムとも言えます。似た派生の仕方で歴史が作られていますよね。どちらもベースが決まっているアイテムだからこそ、今の女性の視点でどう作っていくかを考えていきたい。スタイリングも同じく、自分らしい解釈を見つけ出し、どう体現するかが大切だと思います」

特集「あの人のTシャツスナップ」をもっと読む


Photos:Kisimari Edit & Text:Saki Shibata

Profile

さはら・あいみAimi Sahara セレクトショップの販売員などを経て、2009年に表参道に自身のセレクトショップをオープン。10年に「トゥ エ モン トレゾア」をスタートし、パールやビジュー、リボンなどを装飾したデニムを販売し人気を集める。17年春夏よりプレタポルテのコレクションを発表。20年にデニムブランドとしてリローンチ。
ja.tu-es-mon-tresor.com

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する