着こなし徹底分析! 街行くあの人のTシャツスナップ vol.4 土岐ひろみ | Numero TOKYO
Fashion / Snap

着こなし徹底分析! 街行くあの人のTシャツスナップ vol.4 土岐ひろみ

ここから始まる夏本番! 定番アイテムこそ、その人らしさが表れる。そこでアーティストやスタイリスト、デザイナー、バイヤーなど、ヌメロの気になるあの人のTシャツスタイルとポイントを徹底調査! Tシャツは自分を映す鏡。彼女たちの着こなしをぜひ参考にして。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年7・8月合併号掲載)

土岐ひろみ|スタイリスト

ヒップホップカルチャーをこよなく愛する、スタイリストの土岐ひろみが今回選んだのは、マルコムXがプリントされたもの。これまで購入したTシャツは絶対に捨てられないと話す理由に、彼女のスタイリングの定義が色濃く映し出されていた。

Tシャツ(ヴィンテージ)、スカート(ハロミニウム)、重ねたジーンズ(アワーレガシー)、ローファー(マリアム ナッシアー ザデー)
Tシャツ(ヴィンテージ)、スカート(ハロミニウム)、重ねたジーンズ(アワーレガシー)、ローファー(マリアム ナッシアー ザデー)

【POINT】着倒したTシャツはスタイリングに深みを与える

「昔からヒップホップが好きで、音楽系のものが多いです。今回のマルコムXのTシャツはだいぶ昔に下北沢の古着屋さんで購入。ほかにも札幌の老舗クラブTなどレアなものが好きで、そういったTシャツは絶対に捨てられない。飽きたらパジャマにして、ちょうどヘタってきた頃にまたいいなと思い、また外着にしています。プリントTは自分の中で飽きたり、再燃したりを繰り返すので、穴が開いても捨てられない。新品の洋服だけのコーディネートって私にはあまりしっくりこなくて、そんなときに馴染んだTシャツを足すことで、面白みや深みが出ると感じます」

【POINT】あえて主張させずワントーンで下半身にボリュームを出す

「今日は、本来カジュアルなプリントTをモードに着てみました。グレーのワントーンでまとめて、シックな雰囲気なのにTシャツをよく見たらマルコムXだ、みたいな。一筋縄ではいかない方がなんでも好きなのですが、プリントTは意外性のあるスタイリングに重宝します。またボトムにルーズなデニムとプリーツスカートもプラスして、上半身はコンパクトに、下半身はボリュームを出すバランスが今の気分。フラットなローファーで大げさにならずまとまりのあるスタイリングを意識しました」

特集「あの人のTシャツスナップ」をもっと読む



Photos:Kisimari Edit & Text:Saki Shibata

Profile

とき・ひろみToki Hiromi 専門学校を卒業し販売員を経験後、2012年より熊谷隆志氏に師事。16年に独立。ファッションブランドや広告、カタログなどで活躍中で、モデル自身の個性を生かしたスタイリングを得意とする。
Instagram: @tokichang

Magazine

JUNE 2024 N°177

2024.4.26 発売

One and Only

私のとっておき

オンライン書店で購入する