【女子のためのサウナ道 vol.1】”ととのう”って何? サウナのイロハ | Numero TOKYO
Beauty / Feature

【女子のためのサウナ道 vol.1】”ととのう”って何? サウナのイロハ

ここ数年で女性までも一気に虜にした、話題の“サ活”。なんとなく美容や健康によさそうだけど、どんな効能があるの?“ととのう”って何? 初心者にもわかるサウナのイロハをご紹介。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年5月号掲載)

【シリーズ】女子のためのサウナ道
【vol.1】"ととのう”って何? サウナのイロハ
【vol.2】初めてのサウナ攻略法。正しい入り方と効能を解説
【vol.3】初“ととのう”体験をするなら個室サウナへ
【vol.4】サウナ×美活。ビューティサウナでキレイを磨く
【vol.5】仕事や遊びついでに! 個性豊かなサウナをチェック
【vol.6】“サ旅”で訪れたい!極上デスティネーションサウナ

お話を聞いたのは…
笹野美紀恵 
サウナ愛好家の聖地「サウナしきじ」オーナーの娘。株式会社ONEBLOW代表。明治学院大学でファッションマーケティングのMBAを取得。現在は全国のサウナのプロデュースを行うほか、『ANA翼の王国』で連載を持つなど雑誌やTVなどで活躍中。著書に『キレイをかなえる「しきじの娘」の速効サウナ美容』(主婦の友社刊)。

「おじさんが汗を流しにいく社交場」なんてイメージだったサウナ。コロナ禍で女性も通いやすい個室サウナの新オープンも相次ぎ、モダンなサウナで“ととのう”サ活女子が急増。なぜこんなにサウナは人を虜にするのだろう?

「サウナは美容や健康へのベネフィットが多く、一度体験するとキレイになった、体調がよくなった実感が高いのも魅力です。血流が高まることで肌の血色やツヤがよくなる美肌効果や、自律神経が整うために安眠効果などが感じやすい。脳疲労を解消することもでき、デジタルデトックスにもおすすめ。ホルモンバランスが整うのでPMSに効果を感じる人も多いです」と語るのは、サウナのプロデュース業などを行う「サウナしきじ」の笹野美紀恵さん。全国各地を巡り、年間600回はサウナに入っている生粋の“女子サウナー”だ。

汗をかいてデトックスするだけでしょう?と思われがちなサウナ。実はサウナの最大のメリットは、自律神経を整える、心身をスイッチングできる体になれること。「熱いサウナから冷たい水風呂へと入る温冷交代浴の作用で、日常では得られない究極のリラックス状態を体感できます。これがいわゆる“ととのう”です」。別名サウナトランスなどとも言われるが、“ととのう”を初体験した人は、独特の浮遊感とその気持ちよさにみな驚く。“ととのう”ための入り方には押さえておきたいコツがあるので、詳しくは次のページで。

自律神経が整うと、心身が根本からコンディショニングされる。寝つきや寝起きがよくなったり、仕事のパフォーマンスが向上したり、いいことずくめ。脳も体も疲労困憊、肩こりも腰痛も辛いし、イライラが止まらない……でもマッサージを予約する時間も元気もない! そんな心身ともに乱れた人こそ、90分で“ととのう”ことができるサウナへ行くべし。快楽ホルモンも分泌されるので身も心も満たされ、心身がスッキリするはず。「日々マルチタスクで脳が疲れている女性は多い。サウナは熱さと気持ちよさで、脳が強制的にオフにできるのもメリット。忙しい女性ほどサウナはおすすめです」

サウナは長らく男性に愛好されてきたこともあり、サウナ室や水風呂の温度、アメニティなど男性向けの施設が多いのもたしか。「女性のほうが皮膚も薄いし感受性も高い。無理して男性に合わせる必要も、熱いサウナや水風呂を我慢することもなく、五感で気持ちいいと感じる施設や入り方を見つけるといいでしょう。アロマオイル入りのロウリュ(サウナストーンに水をかけること)も最近はポピュラー。サウナは本来とても気持ちがいいもの。気持ちよさを感じると、幸せホルモンが分泌されるので美容にもいいですよ」

あわただしい日常に追われ、ストレスを抱えがちな現代女性こそ行くべき場所。心を落ち着け、自分とゆっくり向き合うサウナ体験、ぜひお試しを。

サウナーの聖地!「サウナしきじ」

全国のサウナーが「一生に一度は行きたい」と願う老舗サウナ。富士の天然水かけ流しの水風呂はまろやかで肌もすべすべに。高温薬草スチームなど女性に嬉しい工夫も。食堂ではサウナ飯が楽しめ、宿泊もできる。

住所/静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1
TEL/054-237-5537
URL/www.saunashikiji.jp
時間/10:00〜22:00
入浴料900円(1日)、 深夜宿泊料+入浴料 1,400円(月~金)、1,600円(土日祝)
※女性料金

特集「女子のためのサウナ道」をもっと見る

Illustration : Yuri Ichimura Edit & Text : Naho Sasaki

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する