バービーのモヤモヤ相談室「恋人に依存してしまい、一人で生きてく強さや自信がありません」 | Numero TOKYO
Culture / Feature

開けチャクラ! バービーのモヤモヤ相談室 vol.19「恋人に依存してしまい、一人で生きてく強さや自信がありません」

体や性をめぐるあれこれ、人間関係や恋愛、社会についてなど、読者の抱える「モヤモヤ」をバービーが一緒に考えます。正解は見つからないかもしれないけど、チャクラは開放できちゃうかも?!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年4月号掲載)

【今月のモヤモヤ】

「恋人に依存してしまい、一人で生きてく強さや自信がありません」

私は人への興味が強く、寂しがり屋です。恋人にも執着したり依存して、すぐに寄りかかりたいと思ってしまいます。先日彼と別れた後、いろんな男性と連絡を取りましたが安心できず、だからといって金銭面も含め一人で生きてく強さや自信がありません。このモヤモヤはどうしたらいいでしょうか。(そら・28歳・会社員)

【バービーからのメッセージ】

他人への興味や執着よりも、まずは自分。
どういう自分になりたいかをイメージして

まずは誰かに寄りかかる選択肢を一度捨てて、自分は一人で生きていけると思えるところまで頑張ってみてはどうでしょうか。今のままではきっと誰かと一緒になっても、「また別れたらどうしよう」と思って、モヤモヤし続けることになる。パートナーと歩む人生ではなく、どういう自分になりたいかをイメージすることが大事だと思います。

ただ、忘れてはならないのは、金銭面も含めて一人で生きていく強さや自信が持てない状況をつくっているのはそらさんのせいではなく、その背景に大きな社会課題があるということ。十分な経済力がないからといって、自分を責める必要はありません。ジェンダーギャップがなかなか改善されない今の日本で女性が一人で生きていこうと思ったらがむしゃらに働き続けないといけない。それはとても大変だし、誰かに頼りたくなる気持ちもすごくよくわかる。でも、今のままではいられないのも現実。だから、一歩踏み出してもいいんじゃないかしら。これは日本の問題だから、私なら思い切って海外へ働きに出ます。いろんな価値観に触れて、視野が広がれば、執着心も依存心も薄れるはず。

かくいう私も結婚前は、女性の人生は配偶者によって変わることが多いと思っていました。無意識のうちに相手の経済力が自分の生活に影響を及ぼすと思っていたんです。でも、私がした結婚はそうではなかった。自分一人で生活できる努力をしてきたからこそ、寄りかかるためのパートナー探しをせずに済んだ。それはよかったなと思います。結婚相手によって幸せが左右される。それは自分の人生を他人に委ねているということだからとても危ういのです。独身女性がハイスペ男子をつかまえるためにめちゃくちゃ努力しているSNSを見ると、すごく遠回りで不確実な道を選んでいるなと思ってしまいます。理想の相手をゲットできたとしても、主体的な幸せをつかみにくい。この問題を抱えている人ってある程度モテてきた人に多いと思うんです。相手に寄りかかるのが当たり前で、相手の経済力や社会的ステータスといった理想の条件を下げられない。でも、魅力的な男性はいくらでも素敵なパートナーを自分で見つけられます。誰かに寄りかかりたい、経済面も含めて支え合いたい、と思っている人のところにいい人はやって来ないと思う。男性側だって依存されているとわかった瞬間、本気の恋も冷めてしまうはず。だから、相手に匹敵するぐらいの魅力や知性、経済力を自分も身に付けることが大事。

他人への興味や執着よりも、まずは自分。なりたい自分になるにはどうしたらいいか。納得できる自分になる努力を優先してみたらきっと道は開けると思いますよ。

\あなたのモヤモヤ大募集中!/

バービーさんに相談したい、聞いてほしいあなたのモヤモヤ大募集中! テーマは体や性をめぐるあれこれ、人間関係や恋愛、社会についてなど何でもOKです。下記アンケートフォームまたはメールでご相談をお寄せください。メールの場合は、掲載可能なニックネーム、年齢、性別(任意)をお書き添えください。
 

アンケートフォームからの相談はこちら


メールでの相談はこちら

※ご相談の文字数は問いませんが、掲載時に編集部で要約させて頂きます。
※ご相談への回答は1号あたり1名様です。全ての方のお悩みにお答えすることはできません。
※雑誌掲載以外にもヌメロ・トウキョウやバービーさんの制作するコンテンツに掲載する場合がございます。あらかじめご了承ください。

  
  

 

「開けチャクラ! バービーのモヤモヤ相談室」をもっと見る

Photo:Kisimari (W) Styling:Natsuki Taniguchi(Takuty Produce & Create) Hair & Makeup:Naomi Harada Interview & Text:Mariko Uramoto Edit:Mariko Kimbara

Profile

バービーBarbie お笑い芸⼈。北海道出⾝。2007年、相⽅のハジメとお笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。TBS『ひるおび!』のコメンテーターや、TBS ラジオ『バービーとおしんり研究所』のパーソナリティを務めるほか、⽣まれ故郷の町おこしにも尽⼒。YouTube『バービーちゃんねる』では、最新美容や性についてのトピックが話題となり、現在の登録者数は25万⼈を超える。またFRaU WEBにて連載中のエッセイをまとめた著書『本⾳の置き場所』(講談社)を出版。⾃らプロデュースしたピーチ・ジョンとのコラボ下着の発売や、双⽅向コミュニケーション型ECサイト『◯バ(仮)』にてシルエットをキレイに⾒せる太ベルトの発売を開始。22年4月には初のシングル楽曲「Ya jatuh cinta(ヤ ジャットウ チンタ)」を配信限定でリリースするなど、多岐にわたり活動の幅を広げている。

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する